PR

日立、WAN高速化装置「日立WANアクセラレータ」のラインナップを強化

2012年11月17日(土)

日立製作所(以下、日立)は11月15日、企業の複数拠点間のデータ通信速度を大幅に向上するネットワーク高速化装置「日立WANアクセラレータ」のラインアップを強化、その第一弾として、国内外の通信事業者やデータセンター事業者、クラウド事業者など、ビッグデータを扱う事業者向けに、データセンター間の高速バックアップを実現する新モデル「日立WANアクセラレータ リモートバックアップモデル」(以下、リモートバックアップモデル)を追加し、11月19日から販売を開始する。

リモートバックアップモデルは、TCPセッションあたりの転送性能を向上させることで、本製品の未使用時と比較して、1TBのデータ転送時間を約26倍高速化することができ、データセンター間の大容量データの高速バックアップを実現する。

リモートバックアップモデルの特長は下記の通り。

・大容量データのバックアップ時間の短縮

リモートバックアップモデルは、高速転送処理部とインタフェース部を組み合わせたモデル。WANアクセラレート機能を高速転送処理部にもたせ、TCPセッションあたりの転送性能を従来のハイエンドモデルの300Mbpsから1Gbpsへと大幅に向上させ、大容量データのリモートバックアップを実現した。これにより、大容量データの転送速度の高速化を実現し、データセンター間におけるリモートでのバックアップ時間を大幅に短縮することができる。

・広域イーサネットを利用した高速かつ大容量データ通信の実現

日立WANアクセラレータシリーズは、日立の独自アルゴリズムに基づき、パケット廃棄率を測定し、WAN回線の空き帯域をリアルタイムに推定しながらWAN回線に流すデータ通信量を調整することで、物理帯域を最大限活用することができる。これにより、データセンター間のリモートバックアップでの通信回線を、専用線から広域イーサネット等の低コストでパケット廃棄率の高い回線に切り替えても、高速かつ高品質なデータ通信でリモートバックアップを実現できるため、回線費用の削減が可能となる。


日立
http://www.hitachi.co.jp/

ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2012/11/1115.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック