PR

NEC、Xeon Phi製品ファミリーを搭載した1Uラック型サーバー「Express5800/HR120a-1」を発売

2012年11月15日(木)

NECは11月13日、IAサーバー「Express5800シリーズ」において、従来機との比較で、処理性能を大幅に向上させたラック型サーバー「Express5800/HR120a-1」を販売開始した。

Express5800/HR120a-1は、インテルの最新アーキテクチャであるMICに対応したインテルXeon Phi製品ファミリーを搭載し、従来のサーバーでは困難であった超並列処理を実行できる。さらに、NEC独自のI/Oアーキテクチャ「シンメトリックアーキテクチャー」を採用することで、同社従来機比最大15倍の処理性能を実現するという。

希望小売価格は、1,400,000円から(税別)。および出荷開始日は2013年2月下旬。

新製品の主な特長は次の通り。

・同時並列処理能力、最大520スレッドを実現

インテルXeon E5-2600製品ファミリーを2個まで搭載可能。これに加え、インテルMICアーキテクチャに対応し、4スレッドを実現するコアを50個以上搭載可能な補助処理装置のインテル Xeon PhiコプロセッサをPCIボードに最大2枚まで搭載可能。これにより、1サーバで最大520スレッドの同時並列処理を実行可能。

・Xeon PhiとNEC独自アーキテクチャで従来機比最大15倍

インテル Xeon Phiでは従来と異なり、処理データを、PCIボードに搭載するアクセラレータに主記憶装置(メモリ)を経由せずに直接通信させる事が可能で、データ処理における遅延時間を大幅に短縮。さらに、NEC独自の「シンメトリックアーキテクチャー」の採用により、コプロセッサ当たりのI/Oデータ通信帯域を広げることでデータアクセスを高速化。これにより、従来機比最大15倍の処理性能を実現。

・導入から運用までのTCOを削減

1台あたりのパフォーマンス向上により、システム全体として必要なサーバー台数を大幅に少なくすることが可能で、TCOを最大80%削減可能。また、新製品はx86アーキテクチャで利用されているアプリケーション開発環境に対応しているため、並列化の際に、新たな開発環境の整備や教育等が不要で、アプリケーション開発費用を最小限に抑えることが可能。


NEC
http://jpn.nec.com/

ニュースリリース
http://jpn.nec.com/press/201211/20121113_01.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック