PR

日本IBM、Webアプリケーションのユーザー認証を統合できる、セキュリティアプライアンスを発表

2012年11月20日(火)

日本IBMは11月16日、複数のWebアプリケーションに対するユーザー認証の統合と、Webアプリケーションへのサイバー攻撃の防御を実現するアプライアンス製品「IBM Security Web Gateway AMP 5100 V7.0」を発表した。価格は756万円(税別)で、12月14日から日本IBMおよび日本IBMのビジネスパートナーから販売する。

IBM Security Web Gateway AMP 5100 V7.0は、Webアプリケーションへのアクセス経路に設置しネットワークなどの設定をするだけで活用できる。ユーザー認証処理を自動化するシングルサインオン機能により、ユーザーは複数のIDとパスワードを記憶する必要なく、ひと組のIDとパスワードで複数のWebアプリケーションにログインできる。シングルサインオン機能により、アプリケーション毎のユーザーIDやパスワードを管理し、認証情報も一元管理できる上、認証されたユーザーのアクセスを制御する認可機能も持つため、アクセス権管理における管理者の負荷も軽減される。

さらに、Webアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃を防御する機能を備え、セキュリティを強化する。


日本IBM
http://www.ibm.com/jp/

ニュースリリース
http://www-06.ibm.com/jp/press/2012/11/1601.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック