PR

NEC、沖縄データセンター社のクラウド基盤構築パートナーに選定

2013年1月10日(木)

NECは1月8日、沖縄データセンター(以下、ODC)が推進する、オープンソースソフトウェアを全面的に採用したクラウドサービス基盤を、沖縄県内に構築する技術支援パートナーに選定されたと発表した。

ODCは、沖縄県のIT企業であるオーシーシー、リウコム、おきぎんエス・ピー・オーの3社が2012年7月に設立した企業。沖縄県のIT産業の活性化を目的とした「クラウド拠点形成等促進事業」の一環で、県内の点在するデータセンターを仮想的に1つのクラウドとして利用できるクラウド基盤システムの整備を進めている。

ODCは、OpenStackやMySQL、ZabbixなどOSSを全面的に採用した世界でも先進的な基盤システムを構築し、IaaSやPaaSなどのサービスを2014年度から提供する。

これまでのクラウドサービス事業の実績・ノウハウや、OSSベースのクラウド基盤ソフトウェアであるOpenStackのコミュニティーへ参画し貢献していることが評価され、NECが構築パートナーに採用された。

NECでは、今回の取り組みを通して、沖縄県のIT産業の活性化に貢献するとともに、OSSを活用した基盤構築ノウハウを、今後も幅広い企業へ提供していくという。



Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

NEC、沖縄データセンター社のクラウド基盤構築パートナーに選定 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。