PR

インターコム、クラウド型リモートサポートソフト「LAPLINK ヘルプデスク」の新バージョンを販売開始

2013年3月6日(水)

インターコムは3月4日、クラウド型のリモートサポートソフト「LAPLINK ヘルプデスク(ラップリンク ヘルプデスク)」 に新機能を追加した最新バージョン(Ver.2.10)を3月7日から販売開始すると発表した。

「LAPLINK ヘルプデスク(Ver.2.10)」では、ユーザーから要望の多かったプレゼンテーション機能を始め、ダッシュボード画面やオペレータのグループ化など、合計8種類の機能を追加している。お客様の指導をより効果的に行い、運用状況を的確に把握する新機能により、カスタマーサポートの品質向上やお客様満足度の向上を支援する。

「LAPLINK ヘルプデスク」(Ver.2.10)の新機能は下記の通り。

・操作支援機能の向上

オペレータのPC画面をお客様のPC画面に表示させるプレゼンテーション機能を新搭載した。オペレータ側の正しい操作を実際の画面でお客様に見せながら、わかりやすい説明を行うことが可能。

・サポートセンターの運用向上

運用改善に欠かせないサポートの総対応件数、平均対応時間など、サポートセンター全体の対応状況が一目でわかるダッシュボード画面を新搭載した。オペレータを任意のグループにまとめて、グループごとのサポート履歴や統計データの確認が行えるオペレータのグループ化機能、サポートセンターの長時間接続待ちの自動切断、収集できる履歴データの強化など、サポートセンターの運用を向上させる各種機能を搭載している。

・動作環境(クライアント)の拡張

プログラムをお客様側のパソコンにインストールしないで起動できる。お客様のパソコン環境を変えることなく、リモートサポートが行えます。従来通り、インストールを行う高機能モードとシステム設定で選択できる。(プログラムをインストールした場合と比較して一部機能の制限がある)

・セキュリティの向上

リモートサポート時の操作やファイル転送、画面録画などオペレータが使用できる機能の一覧をお客様へ表示できる。操作・ファイル転送は行わないといったサポートセンターのポリシーを伝え、お客様に安心してリモートサポートを受けていただくことが可能。


インターコム
http://www.intercom.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック