PR

EMCジャパン、ビッグデータ解析から認証を判断する機能を搭載し、複数の認証方式をサポートする「RSA Authentication Manager 8」を販売開始

2013年5月9日(木)

EMCジャパンは5月7日、「RSA Authentication Manager」の最新版で、ユーザーに属する複数の情報を分析して認証リスクを判定するリスクベース認証機能を搭載した「RSA Authentication Manager 8(アールエスエー・オーセンティケーション・マネージャー8、以下AM8)」を販売開始した。

AM8は、昨今の企業ニーズに応えてリスクベース認証機能を追加。リスクベース認証は、ユーザーのデバイス情報や行動パターンをはじめとする複数の要素を用いてリスクを判定し、認証の可否を決定する認証方式。認証には、日頃使用しているIDと固定パスワードを用いるのでユーザーにとっては利便性が高く、しかも、多要素で判定する強固な認証となる。

リスク判定に用いられるリスクエンジンはユーザーのデバイスや行動パターンに関連して1ユーザーあたり100種類以上の情報をビッグデータとして蓄積し、自己学習して判定の精度を高めていく。このリスクエンジンは、3億5千万人ものオンラインサービス利用者を保護しているRSA Adaptive Authenticationと同じ設計で、その分析ノウハウがAM8のリスクエンジンに受け継がれている。

AM8は、ユーザー・ダッシュボードの搭載をはじめとする管理機能の向上や仮想化対応も行った。それにより、ワンタイム・パスワード認証とリスクベース認証を一製品で展開でき、認証方式やRSA SecurIDの種類に関わらず容易に管理できるため、運用と管理の負荷が少ない認証サーバーとなった。

価格は、ユーザー数により異なる。リスクベース認証を使用する場合は、リスクベース認証ライセンスが別途必要。


EMCジャパン
http://japan.emc.com/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

EMCジャパン、ビッグデータ解析から認証を判断する機能を搭載し、複数の認証方式をサポートする「RSA Authentication Manager 8」を販売開始 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。