PR

日本HP、ディスクI/O性能を向上する新機能「HP Smartキャッシュ」を発表

2013年3月22日(金)

日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は3月21日、「HP ProLiant(エイチピー・プロライアント)サーバー Generation 8(以下、Gen8)」のアレイコントローラー機能を拡張した新機能「HP Smartキャッシュ」を発表した。

「HP Smartキャッシュ」では、半導体ストレージ(SSD)をキャッシュ領域として活用し、アクセス頻度の高いデータを自動的にキャッシングする。これにより、データ容量の増大によるディスクI/Oの性能ボトルネックをコスト効率よく改善が可能となる。

「HP Smartキャッシュ」は、アレイコントローラーに接続されるドライブの中からキャッシュ専用の領域を設け、アクセス頻度の高いデータを自動的にキャッシュする機能。キャッシュ領域としてはSSDを最小1本から指定することができ、少ない投資で全体のストレージI/Oを約3.5倍(日本HP調べ)高速化することが可能。これにより、中小規模システム環境では、ハイエンドストレージへのリプレースや全面SSD化を行うことなく、コストを抑えつつ、ファイルサーバーやDBサーバー、WebサーバーのストレージI/O性能を大幅に向上させることが可能。

Smartアレイコントローラーにキャッシュ機能を追加するファームウェアで構成され、ライセンスキーによるアクティベーションが必要となる。1サーバーライセンスの希望小売価格は30,450円。なお、「SAAP2.0」「HP Smartアレイコントローラー P822/P721m」を使用しているユーザーについては、ファームウェアのアップデートで「HP Smartキャッシュ」機能を無償で利用することができる。


HP Smartキャッシュ
http://www.hp.com/jp/smartcache

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック