PR

キヤノンITソリューションズ、CMS「eZ Publish Enterprise」の販売を開始

2013年5月28日(火)

キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)は5月27日、eZ Systems Japanとパートナー契約を締結し、Web Contents Management(WCM)ソリューション「eZ Publish Enterprise」の販売を開始すると発表した。

eZ Publishは、eZ Systems社が提供するLAMP環境で動作するオープンソースCMS。オープンソースでありながら、開発ベンダーのサポートが存在するコマーシャルオープンソースCMSだ。

キヤノンITSでは、eZ Publishの商用ライセンス版であるeZ Publish Enterpriseの販売および、コンサルティング・開発・導入支援などを提供する。特にニーズの高い多言語対応、レコメンデーション、スマートフォン対応などの豊富な機能と、キヤノンITSが扱う各種ソリューションとを組み合わせて、Webサイトを活性化するトータルサービスとして提供する。販売価格は、年間サブスクリプションGoldで350万円から(税別)。

eZ Publishの特長は以下の通り。

  • 出版・メディア業、大手企業、官公庁・行政機関、教育機関など全世界で25万サイトに導入
  • 開発元の公式サポートが提供可能なコマーシャル・オープンソースCMS
  • HTMLの知識がなくても高性能なエディターにて手軽にコンテンツ編集が可能
  • ワークフロー/バージョン管理/多言語コンテンツ管理/高性能検索/ユーザー権限管理など、充実の標準機能
  • 機能追加など、オープンソースならではの柔軟なカスタマイズ性
  • HTML5、レスポンシブWebデザイン、ネイティブアプリなどのマルチデバイス対応
  • ソーシャルメディア、インターネットTVなどマルチチャンネル対応が可能
  • CRMシステム、基幹系システムなどとの柔軟な連携が可能
  • レコメンデーション(おすすめ)や訪問者分析、マーケティングオートメーションなど、カスタマー・エクスペリエンス(顧客体験価値)を向上するアドオン機能
  • コーポレートサイトからイントラネット、メディアサイト、ECサイト、ポータルサイトなどのWebサイトに対応


キヤノンITソリューションズ
http://www.canon-its.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています