PR

日本オラクル、10月22日・23日に「Oracle Days Tokyo 2013」を開催

2013年9月11日(水)

日本オラクルは、2013年10月22日(火)・23日(水)にオラクルの最新製品、テクノロジーを紹介するイベント「Oracle Days Tokyo 2013」を開催する。9月9日から全セッションの登録受付を開始した。

Oracle Days Tokyo 2013は、「イノベーションを構想から実践へ ~ Innovation in Practice」をテーマに、4つのイベントから構成される。オラクル・コーポレーションが9月22日から26日まで、米国サンフランシスコで開催する「Oracle OpenWorld San Francisco 2013」で紹介するビッグデータやクラウド、ソーシャル、モバイルなどの最新ビジネスおよびITトレンドをテーマに、エンジニアド・システムズをはじめとしたオラクルの幅広い製品群と最先端のテクノロジーについて、ユーザーやパートナー企業、オラクルの製品担当者による70のセッションを展開し、2,000名の来場者を予定している。

セッションでは経営企画、営業、マーケティング、顧客サポート、人事、財務、情報システム開発・運用などさまざまな業務に携わる方を対象に、イノベーションを実践し、新しいビジネス機会を創出するソリューションについて紹介する。

◆「Oracle Days Tokyo 2013」を構成する4つのテーマ・イベント

・Database & Business Analytics Summit:エンジニアド・システムズ、クラウド、技術活用と運用の成功事例、ビッグデータ、アナリティクス、モバイル、セキュリティ、データ連携

・Optimized Data Center Summit:世界最速の「SPARC」サーバー、クラウド基盤としてのストレージ、仮想化テクノロジー

・Cloud & Business Innovation Summit:クラウド・アプリケーションと基盤、クラウド統合、ビジネス・スタイル変革、財務・経営管理、ものづくりのイノベーション

・Customer Experience Summit:Webサイト、ソーシャルや店舗などの顧客経験、動向分析におけるイノベーションの実践

◆Oracle Days Tokyo 2013概要

  • 主催:日本オラクル株式会社
  • 日程:2013年10月22日(火)・23日(水)
  • 会場:ウェスティンホテル東京(東京都目黒区三田1-4-1)

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック