PR

日本オラクル、ビッグデータ・アナリティクスの新製品「Oracle Endeca Information Discovery」を提供開始

2012年9月12日(水)

日本オラクルは9月11日、ビッグデータ・アナリティクスの新製品「Oracle Endeca Information Discovery(オラクル・エンデカ・インフォメーション・ディスカバリー)」の提供を開始した。

「Oracle Endeca Information Discovery」は、データウェアハウス、トランザクション・システム、Webログ、ソーシャルメディア、センサーデータなど、企業内部とファイアーウォール外部に存在するさまざまな情報源から得られる構造化、準構造化、非構造化データの検索と分析を行うことができるソフトウェア製品。参考価格は、最小構成(1CPU/25ユーザー)で900万円から。

ビッグデータ・アナリティクスの分野においてグローバルで豊富な導入実績があり、品質保証関連データの分析、保険請求データの分析、犯罪情報の分析、ソーシャルメディアのセンチメント分析などにおいて活用されている。

一般消費者向けのネット販売サイトにおけるユーザーの操作方法を取り入れることで使いやすさを向上。構造化、非構造化などあらゆるデータの検索やファセット・ブラウジングの機能を持ち、データの追加や削除が容易で、分析結果の動的な表示が可能。これにより、業務部門のユーザーによる簡単な設定や操作により、社内外の膨大なデータを活用した情報探索と可視化を支援する。

また、オラクルの分析専用のエンジニアド・システム「Oracle Exalytics」上での動作がサポートされており、「Oracle Exalytics」のインメモリ・アーキテクチャと分析能力を最大限に活用した超高速処理を実現している。さらに、オラクルのビッグデータ・ソリューションを構成するデータベースマシン「Oracle Exadata Database Machine」、ビッグデータ向けアプライアンス製品「Oracle Big Data Appliance」と併せて活用することで、大量のデータを高速に処理、分析する統合的なソリューションを提供する。


日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/

ニュースリリース
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=2177&NewsAreaId=27

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

日本オラクル、ビッグデータ・アナリティクスの新製品「Oracle Endeca Information Discovery」を提供開始 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。