PR

ウインドリバー、組込みLinuxプラットフォーム「Wind River Linux」を拡張

2013年10月30日(水)

ウインドリバーは、組込みLinuxプラットフォーム「Wind River Linux」の最新版を発表した。最新版は、ARM、インテル、MIPS、およびPowerアーキテクチャの最新のハードウェアアーキテクチャをサポートする。また、Yocto Project最新版に準拠し、Linuxカーネル、ツールチェーン、ユーザスペースも更新している。

オープンソースの開発基盤であるYocto Projectで開発されたWind River Linuxは、アップストリームコンポネントとして最新のLinuxカーネルを使用しており、オープンソースコミュニティの最新技術を利用できるように商用サポートを提供している。現在のインテル64ビットアーキテクチャのサポートに加え、ARM 64ビットプロセッサもサポートしており、組込みシステムに必要なデータ量の増大にも十分に対応することができる。

Wind River LinuxはYocto Project Compatibleのボードサポートパッケージ(BSP)およびソフトウェアやミドルウェアとともに利用できる。Wind River Linuxでは、Yocto Projectとの互換性に加えて、商用Linuxプラットフォーム、オープンソースの最新テクノロジに基づく豊富な機能を備えた、即使用可能で容易なユーザエクスペリエンス、完全インテグレーション済み開発ツール、グローバルなサポートとメンテナンス、専門家によるプロフェッショナルサービスが提供される。この他にも、キャリアグレードLinux(CGL)登録製品など、Wind River Linux向けのアドオンソフトウェアを提供し、ネットワーキングおよびテレコミュニケーション業界の厳しい要件に対応している。さらに、ウインドリバーのOpen Virtualizationは、超高性能でオープンソースのKVMベースのType 2ハイパーバイザを提供し、業界全体で生じているハードウェアのコンソリデーション、スケーラビリティ、市場投入までの時間短縮の要求に対応するため、ほぼネイティブのハードウェアパフォーマンスを実現する。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています