PR

DSolとパスロジ、ワンタイムパスワード「PassLogic」と仮想デスクトップの連携ソリューションを発表

2014年2月21日(金)

ディーアイエスソリューション(以下、DSol)とパスロジは2月19日、パスロジのトークンレス ワンタイムパスワードシステム 「PassLogic(パスロジック)」とヴイエムウェアの仮想デスクトップ「VMware Horizon View」との連携ソリューションを共同で販売開始した。

本ソリューションは「VMware Horizon View」と「PassLogic(パスロジック)」に、パスロジが保有する2経路認証に関する特許技術を用いることで、ハードウェア・トークンや認証専用ソフトウェアを使うことなく、信頼性の高いワンタイムパスワード認証を実現している。

今回DSolとパスロジが協業したことで、本ソリューションの導入からサポートに至るまでのトータルな提案体制が実現している。本ソリューションは、2月26日(水)に開催される「DSol Power Day」(主催/DSol)において、特徴やメリットをデモを交えて解説する。

PassLogicは、ブラウザ上に表示される乱数表の中から、各ユーザに設定されている“位置”および“順番”(この部分が認証情報)から 数字を抽出して パスワードを生成する。マトリクス型の乱数表を取得するたびに表内の数字が変わるため、パスワードとすべき数字も毎回変わりワンタイムパスワードとなる。

乱数表を見ても他者にはワンタイムパスワードがわからないため、従来の海外製品と異なり、トークンやデバイスを紛失・盗難・借用された場合でも安全。この安全性と使用感、管理性などが評価され、リモートアクセスを重視する企業を中心に80万超の利用者がいる。

また、パスロジでは国内大手クラウドサービス14社とライセンス契約を締結している。パスロジ社の技術力・信頼性・知的財産権については、 クラウドサービス各社の厳しい審査をクリアした実績があり、また提携各社からも高い評価を与えられている。

なお、今回の連携で用いたパスロジ保有の特許はPassLogic認証方式の基本となる「乱数表から抜き出してパスワードを生成する認証方式(US6141751)」を発展させた2経路認証技術(JP3809441/2006年成立)が使われている。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック