PR

マイクロソフト、Windows XPからのデータ移行ツールを無償提供

2014年3月27日(木)

日本マイクロソフトは3月24日、Windows XPのサポート終了を迎えるにあたり、データと設定の移行を支援するソフトウェア「ファイナルパソコンデータ引越し eXPress」の無償ダウンロード提供を開始した。

「ファイナルパソコンデータ引越し eXPress」は、Windows XP搭載PCからWindows 8もしくはWindows 8. 1搭載PCへ、データと設定の移行を3ステップで支援するソフトウェア。PC初心者でもわかりやすい「おまかせ引越し」機能搭載で安心してメール、アドレス帳、お気に入り、音楽ファイル、個人作成データなどを引越しすることができる。

両方のPCにソフトをインストールし、両方のPCをネットワーク経由やLANクロスケーブル、または専用のUSBリンクケーブルを使って接続した上で、「おまかせ引越し」又は「選んで」を選択し引越しを実行するという、3段階の作業で、Windows XP搭載PCからWindows 8もしくはWindows 8.1搭載PCにデータを移行できる。

「ファイナルパソコンデータ引越し eXPress」の仕様は以下の通り。

  • 対応機種:PC/AT 互換機
  • OS:次のいずれかの OS が動作すること
       引越し元のPC:Windows XP(32bit)(SP3 推奨)
       引越し先のPC:Windows 8(32bit/64bit)、Windows 8.1(32bit/64bit)
  • CPU:Intel Pentium 700MHz以上または互換のプロセッサを搭載し、前項OSを実行できるもの
  • メモリ:128MB以上、かつ上記OSが正常に動作する容量のRAM
  • ディスク空き容量:200MB以上のディスク空き容量(プログラムファイル用)。新しいPCには、古いPCからファイルや設定を移行するために、より多くのハードディスク空き容量が必要
  • ディスプレイ:16bitカラーXGA解像度以上の高解像度ビデオ アダプタおよびモニタ
  • Microsoft Visual C++ Redistributable 2008/2010(本ソフトウェアに搭載)

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています