PR

OSSコンソーシアム、Asakusa Framework部会を新設

2014年6月28日(土)

OSSコンソーシアムは6月27日、ビックデータや分散処理技術が注目を集める中で、基幹システムにおけるOSS活用の普及促進に向け、「Asakusa Framework部会」を設立することを発表した。

Asakusa Frameworkは、多数のサーバで並列処理をさせることで高速なバッチ処理を実現するHadoopを活用し、従来技術では遅かった業務バッチ処理を高速化させるための開発・実行用フレームワーク。株式会社ノーチラス・テクノロジーズが開発し、オープンソースとして公開している日本発のOSSフレームワークであり、既に実システムで活用されている実績あるOSS。基幹バッチ処理を実現するための開発環境、実行環境、運用環境を提供する。

ビッグデータの潮流に乗って、Hadoopを中心とした分散処理技術やそのエコシステムを構成するOSSに注目が集まっているが、企業内システムにおける採用は、まだまだ本格化していない。技術的に難易度が高い、サポートへの不安がある、情報が少ない・入手先が分からない、など様々な理由が挙げられる。また、Hadoopの知名度や認知度は高まってきたとは言え、Asakusa Frameworkも含め知名度や認知度の低さが障壁になっている。

Asakusa Framework部会は、日本発のOSSであるAsakusa Frameworkを中心に、Hadoop、その他の最先端OSSの情報蓄積や情報整理・情報展開、技術検証やビジネス検討等の活動を通して、基幹系システムへ導入を更に促進していく。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック