PR

日本IBM、コラボレーションソフト「Notes/Domino」にソーシャル機能を追加

2013年3月14日(木)

日本IBMは3月12日、Eメールやカレンダー、掲示板のほか、承認ワークフローのアプリケーション開発機能などを提供し、業務生産性向上を支援するコラボレーションソフトウェア「IBM Notes/Domino」において、企業向けソーシャルソフトウェアや基幹システムなど、外部システムから出力される各種通知を「タイムライン画面」に時系列表示し、返答や承認といった外部システム上での操作をタイムラインから実行できる機能を追加した新製品「IBM Notes/Domino 9.0 Social Edition (以下 Notes9)」を発表した。ライセンス料金は1ユーザー当たり23,600円(税抜。1,000ユーザー以下の企業・団体を対象とした料金)で、日本IBMおよびビジネスパートナーから販売する。

Notes9は、ユーザーインターフェースをIBMの企業向けソーシャル・ソフトウェアである「IBM Connections」と統一したことで、一部使用権が同梱されるConnectionsと同一の操作性を提供し、Notes9からソーシャル機能の活用が容易になる。また、ユーザーの活動状況をタイムライン表示する「Activity Stream」に対応したことで、Connections上で行われるつぶやきやさまざまな活動状況の通知のほか、SAPやCognos、TwitterやFacebookといった外部の複数システムから「承認」や「返答」を求める作業依頼の通知を一つのタイムライン画面に表示する。さらに、Notes9には外部システムを画面内に埋め込む「Embedded Experience」という機能に対応しており、外部システムでの作業をシステム毎に操作ウィンドウを立ち上げることなく、単一画面で作業ができる。

Notesのメールやカレンダーなどの機能をスマートフォンで活用するための「Traveler」は、発表された新バージョンにより、従来から対応しているiOSやAndroid OSに加えて、Windows PhoneやWindows RTやWindows 8 ProといったOSにも対応できるようになる。また、Notesでは、申請・承認のプロセスなどを実装した業務アプリケーションを開発できるが、新バージョンでは、Web技術を採用したNotesアプリケーション開発技術「XPages」の各種機能を強化し、かつ、オープンソースのJavaScriptライブラリー「Dojo」においてモバイルデバイス向けの機能を追加したバージョン1.7.2を提供することで、さらに利便性の高いアプリケーション開発が可能となった。



Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック