PR

ウインドリバー、組込みLinux「Wind River Linux」の最新版を発表

2014年10月22日(水)

ウインドリバーは、同社の提供する組込みLinux「Wind River Linux」の最新版を発表した。柔軟性の最大化と開発の迅速化を目的に、ソースコード形式に加えて、バイナリコードでもWind River Linuxを提供する。また、Yocto Project次期リリースに準拠し、Linuxカーネル、ツールチェーン、ユーザ空間も更新している。

バイナリコードで簡単に提供できるようになることで、ユーザはWind River Linuxイメージを直接ターゲットシステムに展開して、プロジェクトを加速できる。ターゲット上のエージェントが、ウインドリバーのリポジトリからバイナリをダウンロードして、自動的にアップデートする。セルフホストのインストールなので、開発者は直接ターゲットデバイスからアプリケーションを簡単にコンパイル、デプロイできる。

Wind River Linuxは、オープンソースならではの柔軟性とイノベーションを提供する。次期Yocto Project 1.7のサポート、Toaster、Eclipseといった他のオープンソースプロジェクトとの相互運用性、デバイスのライフサイクルを通したメンテナンスに必要な長期の商用サポートを組み合わせている。たとえば、包括的な商用サポートおよびメンテナンスとして、ウインドリバーではセキュリティ脆弱性について、継続的に評価と修復サポートなどを提供している。

オープンソースの開発基盤であるYocto Projectで開発されたWind River Linuxは、アップストリームコンポネントとして最新のLinuxカーネルを使用しており、ユーザがオープンソースコミュニティの最新技術を利用できるように商用サポートを提供している。ARM、インテル、MIPS、Powerアーキテクチャの最新のハードウェアアーキテクチャをサポートしている。自由度の高いソリューションとして、汎用機器から高性能なリアルタイムデバイス、キャリアグレード、仮想化、高度にセキュアな軍用アプリケーションまで、幅広いプロジェクトに合わせてカスタマイズ可能なランタイム環境を提供する。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック