PR

SUSE、SAP HANAにおいてHA機能を実現

2014年6月7日(土)

ノベルは6月5日、SAP HANA使用時の推奨・対応OSであるSUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsにより、同社のHA(高可用性)機能がSAP HANAプラットフォームの導入環境に対応したことを発表した。SUSEが、業界の先駆けとして、オープンソースのHA機能のSAP HANA対応を実現したことで、顧客企業はSUSEの既存インフラを使用し、SAP HANAベースのHAソリューションを開発する際に、コストを削減することが可能となる。

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsには、包括的なオープンソースのクラスタリングソリューションである、SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionの各種コンポーネントが採用されている。SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionは、世界中のデータセンターで優れた実績があり、x86サーバ上で稼働するミッションクリティカルなワークロードの保護を支援している。

ユーザーは新たなリソースエージェントなど、SUSE Linux Enterprise for SAP ApplicationsのHAコンポーネントを使用することで、SAP HANAのシステムレプリケーションを自動化し、SAP HANAのメモリプリロード機能などで、データベースの可用性を最適化できる。

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsのサブスクリプションを保有することで、これらのHA機能も追加費用なしで提供される。


Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています