PR

SUSE、SAP HANAにおいてHA機能を実現

2014年6月7日(土)

ノベルは6月5日、SAP HANA使用時の推奨・対応OSであるSUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsにより、同社のHA(高可用性)機能がSAP HANAプラットフォームの導入環境に対応したことを発表した。SUSEが、業界の先駆けとして、オープンソースのHA機能のSAP HANA対応を実現したことで、顧客企業はSUSEの既存インフラを使用し、SAP HANAベースのHAソリューションを開発する際に、コストを削減することが可能となる。

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsには、包括的なオープンソースのクラスタリングソリューションである、SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionの各種コンポーネントが採用されている。SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionは、世界中のデータセンターで優れた実績があり、x86サーバ上で稼働するミッションクリティカルなワークロードの保護を支援している。

ユーザーは新たなリソースエージェントなど、SUSE Linux Enterprise for SAP ApplicationsのHAコンポーネントを使用することで、SAP HANAのシステムレプリケーションを自動化し、SAP HANAのメモリプリロード機能などで、データベースの可用性を最適化できる。

SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsのサブスクリプションを保有することで、これらのHA機能も追加費用なしで提供される。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています