PR

ミラクル・リナックス、監視統合ソフト「MIRACLE Hatohol Enterprise」を提供開始

2015年1月31日(土)

ミラクル・リナックスは1月29日、複数のZabbixサーバを一元的に監視する企業向けソフトウェア「MIRACLE Hatohol Enterprise」とサポートサービスを提供開始した。

「Hatohol(はとほる)」は、システム監視やインシデント管理、ログ管理など、様々な運用管理ツールを統合するオープンソースの運用統合ソフト。「MIRACLE Hatohol Enterprise」は、「Hatohol」を商用版として初めて製品化したもので、ミラクル・リナックスが提供する「MIRACLE ZBX」シリーズおよびOSSの「Zabbix」と「Nagios」を統合対象としている。

MIRACLE Hatohol Enterprise サーバサポートでは、コミュニティ版Hatoholでは提供していない障害解析から長期的なパッチ提供などのサポートサービスを一般販売終了後5年間まで提供し、長期間に渡りユーザーが安心してHatoholを利用できるよう支援する。また、MIRACLE Hatohol Enterprise 監視サーバサポートを合わせることで、HatoholからZabbix/MIRACLE ZBXまでワンストップでサポートを受けることもできる。

「MIRACLE Hatohol Enterprise」の主な機能は以下の通り

  • 統合システム監視環境との連携
    MIRACLE ZBXやZabbix、Nagiosなど、複数の監視システムが監視しているサーバやシステムの情報を統合し、単一のビューで監視することができる。拠点が物理的に離れている場合やシステム規模が増大して監視サーバをスケールアウトする場合に、それらをまとめて監視することができる。
  • インシデント管理システムとの連携
    情報集約部より異常と判断された事象について、OSSのインシデント管理システム(Redmine)と連携し、自動起票し、そのインシデントの状態(未確認・受理・調査中・クローズなど)をHatoholのイベント一覧画面から閲覧可能にする。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

ミラクル・リナックス、監視統合ソフト「MIRACLE Hatohol Enterprise」を提供開始 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。