PR

サードウェア、Linux用クラスタ管理ソフトウェアのサポート対象にDockerを追加

2015年1月30日(金)

サードウェアは1月26日、Linux用クラスター管理ソフトウェアである「DRBD/Corosync/Pacemaker」のサポート対象にDockerを追加し、サポートを開始した。

Dockerは、多数のアプリケーションを効率的に配備して動作させられるコンテナ型技術として、金融機関を含め急速に採用が進んでおり、アプリケーションの開発・試験・配布・管理のワークフローを根本から革新すると期待されている。

Dockerの採用が進む中、商用環境ではデータ冗長性の担保、ダウンタイム最小化が最大の課題となっている。本課題は共有ストレージを利用する事で解決できるものの、スペース、電源効率等を加味した場合、高コストになりやすい等の課題があり、当社では共有ストレージを用いずにDockerを商用環境で利用できるよう、クラスタリングソフトを利用したいと言う要望を多数受けていた。

LINBITクラスタスタックは50種類以上ものアプリケーションの高可用化をサポートしているが、この度Dockerの高可用化のためのリソースエージェントの評価・検証を完了し、正式にサポートすることとなった。

本ソリューションを用いる事で本番環境でのDockerによるサービスの提供のサービスレベルを引き上げつつ、高速半導体ストレージ等との組み合わせにより、少ないサーバーリソースでより多くのコンテナを運用することが実現できるようになり、クラウドとオンプレミスにおいて企業がDockerを活用し、より効果的、コスト効率に優れた方法で商用環境での運用を実現できる。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

サードウェア、Linux用クラスタ管理ソフトウェアのサポート対象にDockerを追加 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。