PR

Windows Phone 開発環境の構築と最初のプログラム

2011年7月1日(金)
PROJECT KySS

2011年後半、いよいよiPhoneやAndroidに対抗するMicrosoftのスマートフォンが、満を持して日本に上陸します。直感的で美しいUIを兼ね備えたWindows Phoneは、これまでのスマートフォンの勢力図を書き換える可能性があります。この連載を機に、Windows Phoneに興味を持っていただけると幸いです。


そして、2010年の11月に、欧州、北中米、アジア太平洋地域において、Windows Phone 7搭載端末9モデルが発売されましたが、残念ながら日本は含まれておらず、執筆現時点(2011.06)では、日本での端末は発売されていません。

2011年4月に米国ラスベガスで開催されたMIX11において、Windows Phone 7の日本、中国、韓国を含めた2バイト圏言語の対応や、パフォーマンスの向上、そしてブラウザにInternet Explorer 9の搭載、またHTML5への対応、Silverlight4のサポート、などの発表が行われました。そして、これらの機能強化は、コードネーム 「Mango」 とよばれる OS からとなります。MIX11に関する情報は下記のURLを参照してください(英語)。
→参照:MIX11

また、米Microsoftが2011年 5月24日(現地時間)に、スマートフォン向けOS「Windows Phone 7」の次期メジャーアップデート「Mango」の詳細を明らかにしました。500以上の新機能を搭載し、「Windows Phone コードネーム “Mango”」として2011年秋にリリースされます。日本語にも正式に対応するので、2011年の秋には日本での実機発売に期待が持てますね。リリースプレビューについては下記のURLを参照してください。
→参照:マイクロソフト、Windows(R) Phone の次期メジャーリリースをプレビュー

次期「Mango」対応のWindows Phoneの名称に、Windows Phone 7.5という表記を用いている記事をたまに見かけますが、Microsoftからの正式な発表では、「Windows Phone コードネーム “Mango”」あるいは単に、 「Mango」という表記で統一されています。また、Microsoftでは、従来のWindows Phone 7の名称を「7」の数字を外して、Windows Phoneに統一して、情報発信を行うようです。

そしてコードネーム「Mango」に対応した、Windows Phone Developer Tools 7.1Betaが公開されました。2011年6月8日には Windows Phone の開発者向けイベント「Windows Phone Developer Day」が開催され、その時の、最新版「Mango」を操作する模様を下記URLで見ることができます。
 →参照:Windows Phone Developer Day

というわけで、いよいよ日本語版の開発環境が提供されたことを受け、今回から14回にわたってWindows Phone のプログラミングについて解説していきます。しばらくのお付き合いをよろしくお願いいたします。

まず、筆者の環境は、Windows 7 Professional 32ビット+ SP1、Visual Studio 2010 Ultimate + SP1です。

Windows 7のService Pack 1は下記URLよりダウンロードできます。
→参照:Windows 7 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (KB976932)

Visual Studio 2010のService Pack 1は下記URLよりダウンロードできます。
→参照:Microsoft Visual Studio 2010 Service Pack 1 (インストーラー)

以上を必要に応じてインストールしてください。また、上記ページの下の方に.ISO 形式のファイルもダウンロード可能となっています。今回の環境構築において、Visual Studio 2010 + SP1は必須です。

日本でのWindows Phone実機の発売に先駆けて、Windows Phoneのプログラミングを体験しておきましょう。まずは、開発環境の構築からです。

開発環境の構築

「Windows Phone Developer Tools 7.1 Beta(以下WPDT7.1)」を下記URLよりダウンロードしてインストールしてください。
→参照:Windows Phone Developer Tools 7.1 Beta

この開発ツールには以下のものが含まれています。

  • Microsoft Windows Phone Developer Tools 7.1 (Beta)
  • Windows Phone Emulator (Beta)
  • Silverlight 4 SDK and DRT
  • Microsoft XNA Game Studio 4.0 Refresh Windows Phone Extensions
  • Microsoft Expression Blend SDK Preview for Windows Phone 7.1
  • WCF Data Services Client for Window Phone 7.1

今回のインストールには、Visual Studio2010 + SP1の環境が必要ですので、必ずSP1を適用させておいてください。

以前のWindows Phone Developer Tools RTW(以下WPDT)では、対応言語がC#だけで、Visual Basicを利用するには、別途ツールをインストールする必要がありましたが、今回のバージョンでは、Visual Basicも正式にサポートされています。そのため、WPDT7.1をインストールする前に、「Visual Basic for Windows Phone Developer Tools RTW(英語版)」をインストールされていた方は、これをアンインストールする必要があります。

また、英語版のExpression Blend4を使用されている方は問題ないのですが、日本語版Expression Blend 4は現時点でサポートされていませんので、インストールする前に、日本語版のMicrosoft Expression Blend 4と全てのExpression Blend SDKをアンインストールしてください。別途英語版のExpression Blend 4がインストールされます。Expression Blend 4 SP1(日本語版)に対する対応は近い将来には行われると思います。

以前のWPDTでは、Expression Blend 4がVisual Basicをサポートしておらず、Visual Studio 2010からExpression Blend 4を使用することはできませんでしたが、WPDT7.1からは使用できるようになっています。

これも英語版のVisual Studio 2010 + SP1をご使用の方は問題ないのですが、WPDT7.1は日本語版のVisual Studio 2010 + SP1には対応していません。日本語版をご使用の方には、英語版の「Microsoft Visual Studio 2010 Express for Windows Phone」が別途インストールされます(図1)。もちろんVisual Basicにも対応しています。New ProjectでInstalled TemplatesからOther Languagesを選択するとVisual Basicのテンプレートが表示されます。

3

図1:Visual Studio 2010 Express for Windows Phone(英語版)の起動画面(クリックで拡大)

日本語版のVisual Studio 2010 + SP1の環境でWPDT7.1のテンプレートを使いたい場合は、下記の方法で、Visual Studio 2010 + SP1の日本語版に、テンプレートを追加することができます。ただし、この方法は、Microsoftが保障する正式な方法ではありませんので、自己責任において行ってください。

Visual Studio 2010 +SP1 の日本語環境にWPDT7.1のテンプレートを追加する方法

(1):ProjectTemplatesフォルダにあるSilverlight for Windows Phone テンプレートのフォルダに1041フォルダを作成し、1033フォルダの内容をコピーします。以後、開発言語はVisual Basicの場合を例に解説します。

※コピー元フォルダ

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ProjectTemplates\VisualBasic\Silverlight for Windows Phone\1033

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ProjectTemplates\VisualBasic\Silverlight for Windows Phone\フォルダ内に1041フォルダを作成し、1033フォルダ内のファイルをコピーします。
※C#の場合は、上記VisualBasicの箇所がCSharpになります。

(2):ItemTemplatesフォルダにある Silverlight for Windows Phone テンプレートのフォルダに、1041フォルダを作成し、1033フォルダの内容をコピーします。

※コピー元フォルダ

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ItemTemplates\ VisualBasic \Silverlight for Windows Phone\1033

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\ItemTemplates\ VisualBasic \Silverlight for Windows Phone\フォルダ内に1041フォルダを作成し、1033フォルダ内のファイルをコピーします。
※C#の場合は、上記VisualBasicの箇所がCSharpになります。

(3):「スタート/すべてのプログラム/Microsoft Visual Studio 2010/Visual Studio Tools」と選択し、「Visual Studio コマンドプロンプト」を「管理者権限」で起動します。

(4):CD \と打ってルートディレクトリに戻り、次にCD C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE と打ってディレクトリを変更します。この状態で、 devenv.exe /installvstemplates と打ってエンターをします。ファイルが見つからないというメッセージが出たらうまくいっていません。何も出ない場合はうまくいっています。

以上の操作で、日本語版のVisual Studio 2010 + SP1にWPDT7.1のテンプレートが追加されます。

WPDT7.1のテンプレートを追加すると、新しいプロジェクトを作成する際、Windows Phone 7.0かWindows Phone 7.1かのバージョンを選択することができます(図2)。どちらのバージョンを選択しても、日本語に対応したWPDT7.1の新しいエミュレーターが起動します。

3

図2:プロジェクトを作成する際、Windows Phoneのバージョンを選択できる

Mango対応のWPDT7.1では以下の機能(一部のみ掲載)を使ったアプリケーションの開発が可能です。

  • Background Agents (Scheduled Notifications and Tasks)
  • Background Audio
  • Sensors
  • Sockets
  • Live Tiles
  • Silverlight と XNAの相互運用
  • Internet Explorer9対応 Webブラウザ コントロール
  • Silverlight 4

上記の詳細については下記URLを参照してください(英語)。
 →参照:What's New in Windows Phone Developer Tools

Think IT会員限定特典
  • 「Windows Phone 開発環境の構築と最初のプログラム」サンプルプログラム

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Windows Phone 開発環境の構築と最初のプログラム | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。