PR

プロジェクト・リーダーの心得

2010年9月6日(月)
横山 弘典

プロジェクト管理の基本を言葉で説明することは、実はそれほど難しくありません。PMBOK(Project Management Body of Knowledge)やCMM(Capability Maturity Model)のようなベスト・プラクティス集を参照すれば、理屈を理解することは可能だと考えます。ただ、理屈を理解したとしても、実際にいざ実践となった場合に、途端に難しくなるのが現実です。

連載の第1回では、若手のプロジェクト・リーダーを対象に、筆者が現場で培った、リーダーとして実践すべき心得について解説します。

筆者が考えるプロジェクト管理の要素とは、(1)プロジェクトの方向付け、(2)資源の最適配分、(3)人の動かし方、の3つです。以下では、それぞれについて細かく説明します。

(1)プロジェクトの方向付け

「プロジェクトの方向付け」とは、簡単に言うと"戦略"です。

プロジェクトのゴールは、システムを利用するユーザーが「システムを導入する目的」を理解して、「描いているビジョン」を達成することです。このためには、外部環境や内部環境を分析し、成功への方向付けを決める必要があります。これらの内容は、要件定義のフェーズで、ユーザーに対して詳細なヒアリングを行って決めていきます。

図1: プロジェクトの目的例(クリックで拡大)

この「方向付け」をどうするかによって、プロジェクトの命運、ひいてはユーザーのビジネスの命運が決まります。方向付けが正しく行われることは、プロジェクトが成功するかどうかの最低必要条件です。

リーダーが方向付けを誤った場合、どんなに優秀なメンバーがいても、プロジェクトを成功させることはできません。なぜならば、「プロジェクト管理」を行うためには、正しい方向付けができていることが大前提だからです。

方向付けが誤っているのに、適切なプロジェクト管理が実施されてしまうケースがあります。この場合は、目も当てられません。品質、納期、コストのすべてが満たせている「使えない」システムができあがってしまうのです。まさに本末転倒です。

「方向付け」の、具体的な例を考えてみましょう。方向付けとは、「誰が何をやり、何をやらないか、を決めること」です。ここでは、(a)システム概要図と(b)WBS(Work Breakdown Structure)を使います。

図2: システム概要図(クリックで拡大)

(a)システム概要図では、ユーザーの業務全体を図として表すことが大切です。全体の概要図を描いた後で、自分たちのチームがかかわるべきシステム化範囲を明確にします。大規模なプロジェクトになればなるほど、この作業の必要性が増していきます。

図3: WBS(クリックで拡大)

(b)さらに、WBSを使ってタスクを洗い出します。大切なポイントは、プロジェクト・リーダーが「何をやるか、やらないか」を正しく判断できる能力を持っていることです。WBSは、ユーザーのRFP(Request For Proposal)やヒアリング要件に基付いて作成しますが、ここでは、「やること」だけでなく「やらないこと」も明確にする必要があります。

これらのビジョンは、ユーザーとの間だけでなく、プロジェクト・メンバーとの間でも共有しておく必要があります。

  • 1
株式会社システムインテグレータ 開発本部 ECソリューション開発部

1982年9月1日生まれ。株式会社システムインテグレータ勤務。ECソリューション開発部所属。地元宮崎と芋焼酎をこよなく愛するシステム・エンジニア。現在はコンシューマ向けの多言語ECサイト構築に携わる。少しでも世の中を便利にできるWebサービスを作るべく日々奮闘中。
 

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています