PR

BPMN 2.0の概要とビジネス・プロセス・モデリング

2010年9月10日(金)
岩田 アキラ (いわた あきら)

実行可能モデル

最近、モデル駆動型開発アプローチの世界では、実行可能モデルを「Executable Model」と呼び、実行可能モデルを設計することを「Executable Design」と呼び始めています。BPMNにおいても、ビジネス・プロセス・モデリングの最終成果を実行可能モデルと呼んでいます。

実行可能モデルの構造は、分析モデルと比べて、視覚的にはほとんど変わりません。"間違い探しゲーム"のように、あえてビジュアルな変化を挙げるとすれば、"人の作業"の前後に"システムの作業"が追加されている場合があることです。

実行可能モデルの作成を担当するシステム・アーキテクトは、"システムの作業"の実行可能性を評価しながら、対象のプラットフォームやサービス部品ごとに最適なシステム連携方法を考え、モデルを改良することになります。

システム・アーキテクトの主な設計作業は、BPMN図形要素の裏に隠れている属性(実装仕様)を定義することです。

例えば、"人の作業"では、ロールに割り当てられた人が入出力するデータ項目を定義します。"システムの作業"では、サービス・インタフェースのデータ項目を定義します。このほか、ひし形図形で示す"条件判断"に必要なデータ項目と条件式も定義します。

これらのデータ項目は、プロセス変数またはプロセス・データ・オブジェクトと呼ばれます。BPMSがプロセスを起動するたびに、メモリー空間上にデータ・プールとして、これらの記憶領域を確保します。つまり、プロセス上の作業の流れとは、「データを適切な人やシステムから収集し、適切な人やシステムに配信する」コントロール・フローという見方も成り立ちます。

詳細は後述するBPMN 2.0では、これらの詳細な実装仕様を、以下の言語で定義するように規定しています。

  • データ・タイプ定義言語はXMLスキーマ
  • サービス・インタフェース定義言語はWSDL
  • データ・アクセス言語はXPath

データ・モデル

プロセス・モデルは、プロセスを視覚化します。しかし、取り扱うデータ項目やデータ構造までを一緒に視覚化することは困難です。このため、実行可能モデルでは、データ・モデルが別途必要になります。

データ・モデルとは、データ・プール内で保持するデータに対する型と構造の定義です。データベースの設計モデルではありません。

システム・アーキテクトは、プロセスの入出力対象となるデータ・オブジェクト(図8の例では、"見積もり依頼"と"見積もり回答"が相当)を分析し、このデータ・オブジェクトを構成するデータ項目の型と構造を、XMLスキーマ・ファイルに定義します。

XMLスキーマで定義した、データを可視化したモデルの例を、図9に示します。

図9: XMLスキーマを使ったデータ定義の例(クリックで拡大)

図9は、分析モデルの例(図8)で対象にしていた"見積もり依頼"と"見積もり回答"を構成するデータ項目の型と構造を、ビジュアルに表現したデータ・モデルの例です*1

  • [*1] 筆者はXMLのテキスト編集が苦手なので、XML専用のビジュアル・エディタを使い、ER(Entity Relationship)図とまったく同じ感覚でXMLスキーマを設計しています。

生成したXMLスキーマ・ファイルは、後工程である実装段階で、BPMSのデータ・カタログにインポートします。こうしてインポートしたXMLスキーマ・ファイルは、画面設計の定義やプロセス・データ・オブジェクトの定義として参照します。

データ・モデルは、データ項目の名称や型/構造を、プロセス単位ではなく、複数のプロセスを横断して一元的に定義します。これにより、データ仕様の統一と標準化が可能です。BPMNでは、「データ・モデルはビジネス・プロセス・モデルとは分離・独立して管理されるべきもの」という考え方に立っています。

著者
岩田 アキラ (いわた あきら)

岩田研究所代表。日本BPM協会 運営幹事。自己の研究対象をデータモデリングからプロセスモデリングに6年前に転向。ビジネスプロセス表記標準BPMNの国内普及に邁進。日本BPM協会ではBPM推進フレームワークの開発やセミナーなどの講師を務める。「岩田研究所」ブログで自身のBPM/SOA開発手法研究成果を公開。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています