PR

BPMN 2.0の概要とビジネス・プロセス・モデリング

2010年9月10日(金)
岩田 アキラ (いわた あきら)

BPMN 2.0

BPMNの歴史は、図10の通りです。2004年にBPMIがBPMN 1.0を公開した後、6年の歳月を経て、ようやくBPMN 2.0が2010年中に最終採択される予定です。2010年6月5日に発行されたBPMN 2.0ベータ2の仕様書冒頭のコピーライト宣言文には、次の企業/団体が名乗りを上げています。

  • 米Axway
  • 英BizAgi
  • 米Bruce Silver Associates
  • 独IDS Scheer(独Software AGが2009年に買収)
  • 米IBM
  • 仏MEGA International
  • 米Model Driven Solutions
  • 米Object Management Group
  • 米Oracle
  • 独SAP
  • 独Software AG
  • 米TIBCO Software
  • 米Unisys

図10: BPMN開発の歴史(クリックで拡大)

これまでのBPMN 1.xは、記述モデルと分析モデルの用途に主眼が置かれていました。一方、実行可能モデルの用途として見た場合は、図形要素や属性が不足しており、不完全でした。

これに対して、BPMN 2.0では、米IBMや独SAP、米OracleといったメジャーなBPMSベンダーが中心となって開発を進めたことにより、実行可能モデルの用途で使うための仕様強化が図られています。

また、記述モデルと分析モデルの用途においても、ビジネス・アナリストやプロセス・デザイナによる5年以上の現場適用経験がフィードバックされ、改良されています。

BPMIが当初掲げていた「BPMN開発コンセプト」(前回の図4)が、BPMN 2.0になって、やっと現実味を帯びてきたと言えるでしょう。

ただし、BPMN 2.0では、ビジネスからITまでの広い範囲のモデリング要件をカバーしたことにより、図形要素や属性の種類が多くなり、複雑になった感があります。この問題を解決するためにBPMN 2.0ベータ2で追加されたのが、"BPMN 2.0適合基準"です。この概念を、図11に整理しました。

図11: BPMN 2.0の適合基準(クリックで拡大)

適合基準(Conformance)は、BPMツールにおけるBPMN 2.0仕様の実装レベル(言い換えれば、準拠レベル)を定義しています。当然、この基準作りには、ビジネス・プロセス・モデリングの一般的な方法論と設計ステップが配慮されています。

また、モデル駆動型開発で言うところのPIM(Platform Independent Model、プラットフォーム独立)とPSM(Platform Specific Model、プラットフォーム依存)の領域が明示されています。図11左の「プロセス・モデリング適合」はプラットフォーム独立(PIM)を、右上の「プロセス実行適合」はプラットフォーム依存(PSM)を表しています。

図11右下の「コレオグラフィ・モデリング適合」は、BPMN 2.0から新たに追加された、プロセス間のメッセージ交換手順やルールを図で表記する基準です。この適合基準は、PIMの領域に限って規定しています。この表記については、最終回(第4回)で解説する予定です。

プロセス・モデリング適合では、記述モデル、分析モデル、実行可能モデルの3つのステップで使用する図形要素と属性の範囲を、それぞれ、記述適合クラス、分析適合クラス、共通実行可能クラスの3つのクラスに対応させて、規定しています。

分析適合クラスは、記述適合クラスを包含します。共通実行可能クラスは、分析適合クラスを包含します。このように、スーパークラス/サブクラスの関係を明示して、モデルで定義する内容の詳細度を段階的に拡大しています。

適合基準は、かなり厳しい基準です。"BPMN 2.0完全準拠のプロセス・モデリング・ツール"と呼べるのは、共通実行可能クラスで規定した図形要素と属性の範囲に加えて、コラボレーション図やカンバセーションズ図(BPMN 2.0から新たに追加された図表記)、そのほかの諸規定を100%満足した場合に限る、と規定されています。ツールの使用者であるユーザーにとっては、製品選択の基準が明示されたわけであり、朗報と言えるでしょう。

BPMN 2.0を完全に包含したソフトウエア製品は、今のところ存在しません。BPMSベンダーは、BPMN 2.0ベータ1の公開と同時に、BPMN 2.0仕様の製品実装を始めたばかりの状況です。次回は、その中でもいち早くBPMN 2.0の実装を始めたベンダー製品に焦点をあて、プロセス実装設計の最新動向を解説します。

著者
岩田 アキラ (いわた あきら)

岩田研究所代表。日本BPM協会 運営幹事。自己の研究対象をデータモデリングからプロセスモデリングに6年前に転向。ビジネスプロセス表記標準BPMNの国内普及に邁進。日本BPM協会ではBPM推進フレームワークの開発やセミナーなどの講師を務める。「岩田研究所」ブログで自身のBPM/SOA開発手法研究成果を公開。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています