PR

Rational Team Concertのある生活~チーム・リーダーの1日

2010年11月2日(火)
渡邉 雄一宮城 豊

2.5 「ソース管理」の準備

<リーダー>
『プロジェクト・エリア、チーム・エリアも準備できたので、次に、成果物を格納する「ソース管理」の準備をしよう』(コラムC4参照)。

「ソース管理」は、主に開発者のための機能なので、Eclipseの画面例で示します。

1)プロジェクト用の「ストリーム」を作る

図8: 「ストリーム」「コンポーネント」の名前変更の例(クリックで拡大)


「プロジェクト・エリア」作成すると、ストリームは自動的に生成されます。この図は、ストリームの名前とコンポーネントの名前を変えている例です。

2)Javaベース構造を共用する

図9: Java プロジェクトの作成の例(1)(クリックで拡大)


ストリームに、開発環境(Eclipse)のJavaの構造を用意します。"Java"パースペクティブに切り替えて操作しています。

図10: Java プロジェクトの作成の例(2)(クリックで拡大)


これは、おなじみのJavaのプロジェクトの構造ですよね。

この状態は、まだローカル・ワークスペースの状態です。この後、RTCのソース管理に共用させて「提出」することで、ストリームに反映されます。

ここでさらに、「ベースライン」を引くという操作が必須です。なぜなら、「ストリーム」は直接操作するものではなく、「リポジトリ・ワークスペース」を操作・設定して、それを「ストリーム」に「提出」することで反映されるからです。「ベースライン」を引くことによって、「ストリーム」をメンバーで共有することが可能になります。

3)チーム用のストリームを作る

さらに、プロジェクト用に設定された「ベースライン」をもとに、チームの共有物を格納するための"チーム用の"「ストリーム」を作成します。

【コラムC4】「ソース管理」(構成管理)の内部論理構造

RTCの「ソース管理」を理解するためには、以下の3つを理解することが重要です。

1)「ストリーム」
メンバー各自の成果物を統合する、チームの成果物を置く場所です。バージョン管理されていますが、分岐の構造はありません。メンバーは、「リポジトリ・ワークスペース」と「ストリーム」との差分(チェンジ・セットと呼びます)を「受諾」「提出」することで、ほかのメンバーと協調して成果物を作成します。
2)「リポジトリ・ワークスペース」
メンバー各自の成果物を置く場所で、サーバー内に存在します。一般的には「ストリーム」と関連付けられていますが、独立したプライベートなリポジトリ・ワークスペースも作成可能で、メンバーの判断でいくつでも作成することができます。中身は、バージョン管理された「ローカル・ワークスペース」です。
3)「ローカル・ワークスペース」
(Eclipseの)ワークスペースを指します。メンバーのクライアントPC内に存在します。

図C-4-1: 「ソース管理」の図(クリックで拡大)


「ソース管理」のメカニズムは、一見すると複雑ですが、開発者の悩みを解決する仕掛けであることが分かります。

RTCが無い環境でEclipseの作業をチームのメンバーと共有しようとすると、各人のワークスペースをzipで固めて共有サーバーにアップロードしたり、メールの添付ファイルで送ったり、といった操作が必要でした。しかし、それを繰り返していると、同じような名前のゴミ・ファイルが共有サーバーを占有する、という問題がありました。

RTCでは、「リポジトリ・ワークスペース」を介してメンバーが「ローカル・ワークスペース」を共有できるので、開発者視点で使いやすいのです。

「ソース管理」には、これ以外に「コンポーネント」「ベースライン」という重要な用語がありますが、これらは次回に説明します。

株式会社SRA

産業開発統括本部 製造・組込システム部 コンサルティンググループに所属。
RDBアプリ開発、プリンタドライバ開発、ネットワーク設計・管理(動的経路制御)などを経て、近年は、ツールの導入・活用のコンサルテーションに従事している。最近の担当分野は、「構成管理」、「脆弱性診断」、「プロジェクト管理」など。仕事上の最近の興味は「組織プロセスとツール活用の効率化・最適解」。

株式会社SRA

産業開発統括本部 製造・組込システム部 コンサルティンググループに所属。
1982年SRA関連会社より1986年SRAに。約10年間業務アプリ・エミュレータ等の開発に従事、以降現在まで、ツール導入・活用のコンサルテーション業務に従事する。Rational 製品のPurifyとは17年来の付き合い。最近メタボ体策で、知らない町をぶらぶら散歩し、道に迷う事に喜びを覚えている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています