PR

クロスプラットフォーム開発を始める前に

2011年4月12日(火)
杜若 桔梗(かきつばた ききょう)

はじめに

初めまして。openSUSEユーザー会の杜若 桔梗(かきつばた ききょう)といいます。過去に何回か、オープンソースカンファレンスでセミナーを行っていますのでご存じの方もいらっしゃるかと思います。今回は、openSUSEとSmeegolの紹介とQtを使ったクロスプラットフォームの開発について書いていきたいと思っています。いろいろ至らない部分があるかと思いますが、よろしくお願いします。

私についてあまり知らない人もいるかと思いますので自己紹介を。

普段はネットワークエンジニアをしており、サーバーの管理やネットワークの構築・管理等をしています。今回、このような形でThink ITで連載させていただけるのも、ずっとサーバー構築としてopenSUSEの普及活動をやっていたからだと思います。初めてライトニングトークをやったのがLinuxWorldの時で、それ以降ほぼ毎回OpenSourceCanfarense Tokyoでセミナーをやっています。

openSUSEユーザー会では偶数月の第1土曜日に勉強会を行っています。こんな小ネタあるよとか、いろいろ身になる勉強会ですので参加したい、発表したいといった方は大歓迎です。

参加したい方は、右のリンクからご連絡ください。
 →参照リンク:openSUSEユーザー会

場所は大久保でやることが多いです。

OSCでのセッションの様子(右上はマスコットのgeeko)

日本ではマイナーだったopenSUSE

さて、自己紹介が少し長くなりましたが、今回は連載第1回ということで、LinuxディストリビューションであるopenSUSEとその特徴、連載の中心となるMeeGoについて、いろいろと紹介していきたいと思います。

皆さんはLinuxディストリビュージョンというと何を思い浮かべますか?Red Hatでしょうか。CENT OSでしょうか。それとも、Vine Linux、Ubuntuでしょうか。

今あげたディストリビューションはユーザー数も多いですし、よく知られていますね。国内の商用LinuxのシェアだけみればRed Hatの圧勝的な感じがありますが、私が活動しているSUSE LinuxはヨーロッパでNo.1のシェアを持っています。

しかし、日本への参入がNovellによるSUSE Linux AGの買収後のことですから国内では商用ディストリビュージョンの中では新参者扱いということになります。バージョンは9.3の頃ですね。その当時はあまり文献がなかったり、現在みたいなユーザー会もできていませんでしたから、とにかく情報が圧倒的に少なかったことを覚えています。

また、入手先としてはぷらっとホームで輸入版が購入できたことを覚えています。そのあと、Microsoftと現在の開発元であるNovellが提携を結んで、仮想化環境が劇的に改善しました。XenとHyper-Vでそれぞれの準仮想化ドライバを提供する、といった内容だったと思います。これについては賛否両論が沸き起こったことを覚えています。

去年から今年にかけて、いろいろと身売りの噂が絶えなかったNovellがついにファンドに身売りしてしまったのでopenSUSEの行く末についても心配しています。

著者
杜若 桔梗(かきつばた ききょう)
openSUSEユーザー会

1997年頃からLinuxを使い始めた27歳。年の割にはMS-DOSとか、SunOSの頃とか、N88日本語ベーシックの頃を知っているので年齢詐称と100%いわれる。S.u.S.E. Linux改めopenSUSE使うように使うようになったのは、YaSTによる一元管理ができるから。設定ファイル間違えて二度とシステムが起動しなくなりました、なんていう間抜けな事故が減ると思った。 ホーム言語はDelphi。そして大のMS嫌いだったり。自宅PCはOS以外MS製品は入っていません。たぶん。
ブログはこちら

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています