PR

東日本大震災支援緊急企画「OSSチャリティーセミナー」レポート

2011年5月14日(土)
Think IT編集部

2011年5月7日、東日本大震災支援緊急企画として、オープンソースカンファレンス事務局による「OSSチャリティーセミナー」がNTTデータ豊洲センタービルで開催された。その模様をレポートする。

連休中で雨天というコンディションにもかかわらず、会場には今回のテーマに関心を持つ多くの参加者が訪れ、セミナーが始まる午前10時には会場は満席に近い状況だった。

セミナー

オープニングセミナーでは、世界で地図作成の活動を行っているOpenStreetMapから、総副責任者の三浦広志氏が登壇。東日本大震災の際に行ったクライシスマッピングの作成と、Ushahidiを活用した復興支援プラットフォーム「sinsai.info」の誕生について解説が行われた。

現在継続中の活動と今後の展望については参加者の関心も高く、また同様に被災地支援を行っている参加者からは、頑張りすぎず息の長い活動にして欲しい、という応援のコメントも寄せられた。

他にも、IPv4アドレスの枯渇問題、商用環境で使えるZabbix 1.8の機能説明、オープンソースによるプライベートクラウド環境、分散処理基盤であるHadoopの全般的な解説、サーバー仮想化環境のためのストレージシステム入門など、現在注目される幅広い話題を中心に、各30分ずつ9つのセミナーが行われた。

セミナーは休憩を挟んで午後4時15分まで続いたが、どの参加者も疲れを見せることなく、真剣な表情で各セッションに臨んでいた。

ライトニングトーク

セミナーの終了後、今回のテーマに沿った内容でライトニングトークが行われた。タイトルとスピーカーは以下の通り。

『省エネIT勉強会のご紹介』
佐伯 健介氏(「省エネIT」勉強会)
関連リンク
『東日本大震災とFOSS4G(Free and open source software fore geospatial)』
嘉山 陽一氏(OSGeo財団日本支部)
関連リンク
『震災支援のボトルネックとしての行政組織とFaxOCRシステム』
奥村 貴史氏(WIDEプロジェクト)
関連リンク

チャリティオークション

ライトニングトークの後は、チャリティーオークションが開催された。チャリティーオークションはDebian JP Projectが本数限定生産だった傘「でびあんぶれら」とサーバーマシンを、Mozilla.japanは過去リリースの際に作成した各種Tシャツと非売品のマスコットキャラクター「フォクすけ」を出品。中でも一番人気の「フォクすけ」は1万6千円で落札された。

他にも会場ではグッズの販売や募金活動が行われた。当日集まった義援金は363,029円。今後、各地で開催されるオープンソースカンファレンスでも募金活動は継続して行われる。

震災後のITによるフォローアップは非常に重要で、まだまだ長期にわたって必要になってくるが、サポート活動を行っている側が息切れしないように、今後は決してがんばりすぎることなく、継続できる形を目指してほしい。そんな参加者のメッセージが心に残った。

【関連リンク】

オープンソースカンファレンス2011

(アクセス:2011.05)

“オープンソース技術の実践活用メディア” をスローガンに、インプレスグループが運営するエンジニアのための技術解説サイト。開発の現場で役立つノウハウ記事を毎日公開しています。

2004年の開設当初からOSS(オープンソースソフトウェア)に着目、近年は特にクラウドを取り巻く技術動向に注力し、ビジネスシーンでOSSを有効活用するための情報発信を続けています。OSSに特化したビジネスセミナーの開催や、Think IT BooksシリーズでのWeb連載記事の電子書籍化など、Webサイトにとどまらない統合的なメディア展開に挑戦しています。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています