PR

カードがめくられるように数値を表示する

2011年5月17日(火)
PROJECT KySS

Storyboardの作成

「新規作成」アイコンをクリックしてストーリーボードを作成します(図10)。

3

図10:ストーリーボードの「新規作成」アイコンをクリックする

「Storyboardリソースの作成」ダイアログボックスが開きますので、「名前(キー)」はデフォルトのStoryboard1のままで[OK]ボタンをクリックします。アートボードが赤い枠線で囲まれ、「●Storyboard1タイムライン記録オン」と表示されます。この状態からストーリーボードを作成していきます。

「オブジェクトとタイムライン(B)」内のBorder2を選択します。

黄色の再生ヘッドが「0」の位置で、プロパティの[変換]パネルにある、RenderTransformの「中心点」のXに0.5、Yに1と指定します(図11)。

3

図11:Border2のRenderTransformの「中心点」を設定する

次に、TextBlock3を選択し、黄色の再生ヘッドが「0」の位置で、プロパティの[外観]パネルにある、VisibilityにCollapsedを指定します。TextBlock4を選択し、プロパティの[外観]パネルにあるVisibilityに一度Collapsedを指定し、再度Visibleを選択します。こうすることで、タイムラインにVisibilityが追加されます。

次に再生ヘッドを0.4の位置に移動し、TextBlock3を選択して、Visibilityの値をVisibleに指定します。同じくTextBlock4を選択し、今度はVisibilityにCollapsedを指定します。

再生ヘッドを0.8の位置に移動します。Border2を選択します。プロパティの[変換]パネルにある、RenderTransformの「拡大縮小」アイコンをクリックし、Yに-1と指定します(図12)。

3

図12:Border2のRenderTransformの「拡大縮小」のYの値に-1を設定する(クリックで拡大)

以上のタイムラインの動きと各コントロールのプロパティをまとめると、表1のようになります。

表1:Storyboard1

オブジェクト名 プロパティ名 再生ヘッド(秒)
0 0.4 0.8
Border2 RenderTransform [中心点]X=0.5、Y=1 [拡大縮小]X=1、 Y=-1
TextBlock3 Visibility Collapsed Visible
TextBlock4 Visibility Visible Collapsed

最終的にストーリーボードを開いた状態では、アートボード上に図13のように表示されるようにしてください。

3

図13:最終的に表示されるコントロール

TextBlockの位置がずれていると、表示される数値もずれて表示されます。TextBlockの位置は最終的にプログラムを動作させたのち微調整してください。Blend4の操作を終わりVS2010に戻ります。

MainPage.xaml内にTimerBaseSilverlightControlを取り込む

まず、要素のHeightに350と指定します。次にlocalという名前空間を、MainPage.xaml内の要素内で定義します。xmlns:local=””と入力すると、名前空間の値の一覧が表示されますので、現在作成しているプロジェクト名を選択します(図14)。

3

図14:localという名前空間を定義する(クリックで拡大)

次に、要素内に、

3

図15:要素内にTimerBaseSilverlightControl を取り込む

3

図16:MaiPage内にコントロールが表示される

ソリューションエクスプローラー内のMainPage.xamlを展開して表示される、MainPage.xaml.vbをダブルクリックしてリスト1のコードを記述します。

Think IT会員限定特典
  • 「カードがめくられるように数値を表示する」サンプルプログラム

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

カードがめくられるように数値を表示する | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。