PR

Windows Azureを開始する その2

2011年6月9日(木)
bird982000(監修:山田祥寛)

コンピュートサービスやストレージサービス関連の操作

では、主要なサービスである、ホストサービス周りの操作を解説していきます。まず、[ Hosted Services, Storage Accounts & CDN ]を選択してください。図1の(2)にいくつかの機能が表示されます。

(1)Deployment Health
これは、現在起動しているインスタンスの状態を一括で表示します。問題が発生している場合は赤色で表示されますので、赤色の箇所をクリックして状態を確認してください。サーバーを常時監視する必要がある場合はこちらをチェックしてください。
(2)Affinity Groups
アフィニティグループ(Affinity Groups)とは、コンピュートサービスとストレージサービスの属するグループを表します。同1グループにあるサービス同士は、同一データセンター内の物理的に近い場所にある事が保証されますので、通信の遅延も最小限に抑えられます。
ここでアフィニティグループの追加と削除を行います。作成したアフィニティグループはホストサービスやストレージサービスの作成時に指定できます(作成後には変更できませんので注意してください)。
(3)Management Certificates
これは、Windows Azure管理用の証明書の管理を行うものです。PowerShell経由などでWindows Azureを管理する場合は、事前にここで証明書の登録が必要です。
(4)Hosted Services
ホストサービスの管理を行います。サービスの追加やデプロイ、インスタンスのリブートや初期化、リモートデスクトップ接続などコンピュートサービス関連の管理は全てここから実施します。詳細は後述します。
(5)Storage Accounts
ストレージサービスの管理を行います。ストレージサービスの追加/削除やストレージサービスのカスタムドメインの追加などを行えます。
(6)UserManagement
現在のサブスクリプションの操作を認めるLiveIDを設定します(Co-admin機能)。また、他人に設定してもらったCo-adminも表示されます。
(7)VM Images
VMロールを動作するための仮想イメージのアップロードや、アップロード後の状態管理を行えます。
(8)CDN
CDNの設定/管理を行います。カスタムドメインの設定などもここから行います。

各機能の細かい部分は図1の(4)にリボン表示されるので、それぞれの機能で表示させて確認してください。

ホストサービスの追加

では、引き続いて、実際にインスタンスをデプロイしてみます。まずはAzureパッケージを作成してください。本稿では既に作成済みとして手順を進めます。

まずは[ Hosted Services, Storage Accounts & CDN ]から[ Hosted Services ]を選択し、次に上のリボンから[New Hosted Service]をクリックします。

図3:ホストサービス追加画面(クリックで拡大)

クリックすると上記の画面が表示されます。ここでサービス名称やURLプレフィックスなどを入力します。また、図ではtestというアフィニティグループを設定していますが、デプロイするデータセンターも選択できます。またAdd Certificateで、リモートデスクトップなどで使用するホストサービス用の管理証明書も追加できます。入力を終えて[OK]ボタンをクリックすると、自動的にデプロイされてインスタンスが起動します。インスタンスのステータスがreadyになったところで実際にアクセスしてみてください。作成したパッケージの内容が実行されて表示されると思います。

パッケージファイルのアップロードには、ローカルマシンから直接行う方法と、ブロブストレージに配置済みのパッケージから行う方法とがあります。筆者の体感的にはブロブストレージを使用したほうがデプロイが早く、大きいファイルも安定してデプロイできるようですので、本番運用時はこちらの使用も検討してみてください。

著者
bird982000(監修:山田祥寛)
WINGSプロジェクト

有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表:山田祥寛)。おもな活動は、Web開発分野の書籍/雑誌/Web記事の執筆。ほかに海外記事の翻訳、講演なども幅広く手がける。2011年3月時点での登録メンバは36名で、現在もプロジェクトメンバーを募集中。執筆に興味のある方は、どしどしご応募頂きたい。著書多数。
http://www.wings.msn.to/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています