PR

手段を先行させないクラウドの課題解決

2009年9月17日(木)
紫関 昭光

クラウド・コンピューティングのユースシナリオ

 「話題のクラウドコンピューティングを導入したいが、一体何に使うのがよいか」、これはクラウドコンピューティング導入に当たって多くの方が一度は悩まれるポイントです。手段が先行し、目的が後追いになるのは本末転倒のように思われますが、革新的な技術の出現に際してよく見られる状況です。

 このような課題に対して、典型的なユースシナリオを体系的にまとめて検討することは有効です。クラウドコンピューティングの場合、2つの軸、すなわちコンサンプション・モデルとワークロードによるマトリックスで考えることで具体的なイメージをつかみやすくなります。

 コンサンプション・モデルとは、クラウド・サービスの利用形態のモデルで、クラウド・サービスと利用者のトポロジーで表されます。

 クラウド・サービスはパブリック・クラウド、プライベート・クラウドに、利用者はエンドユーザーとエンタープライズに分類することで、
「エンドユーザー→パブリック・クラウド」
「エンタープライズ→パブリック・クラウド」
「エンタープライズ→プライベート・クラウド」
「エンタープライズ→パブリック・クラウド←エンタープライズ」
などの意味のある組み合わせを見いだすことができます。

 もう一つの軸であるワークロードとは、クラウドコンピューティングの用途の類型です。

 クラウドコンピューティングの価値の源泉は、「卓越した変化への対応力」であり、特にシステム構成とITリソース要求の変化への対応が重要になります。そのような対応力が効果的である用途の類型として、開発テスト・クラウド、ストレージ・クラウド、デスクトップ・クラウド、ITリソース要求の変動が大きいプロダクション・クラウドなどが挙げられます。

 次に「エンタープライズ→プライベート・クラウド」における典型的なワークロードについて解説します。

開発テスト・クラウド

 開発テストではIT環境の構築、使用、解放が繰り返し行われるため、クラウドコンピューティングの構成変化への対応力が発揮されます。これをクラウドサービスのライフサイクルの中で見ていきましょう(図1参照)。

1)まずIT部門が、開発テストに必要となるさまざまなIT環境のひな型を「サービステンプレート」として定義します。

2)次に、サービス・カタログ・マネジャーが、具体的な開発テスト要件に合うようにサービステンプレートを修正して「サービス・オファリング」を作成し、サービスカタログに登録します。

3)これによってサービス申請者はセルフサービスポータルからサービス・オファリングを見られるようになり、必要なサービス、例えばPCサーバー上のリナックス環境の利用などを申請します。

4)ポータルから入力された申請は承認ワークフローに乗って承認処理が行われ、プロビジョニング・ソフトウエアによってリソースプールから必要なリソースが選ばれ、インスタンス化されます。

5)サービスの利用期間中、システム管理者はITリソースの状況をモニタリングし、課金などに必要となる利用状況をメータリングします。

6)最後に、サービス申請者は不要になったサービスインスタンスを終了し、ITリソースをリソースプールに戻します。

 以上の流れで特徴的なのはセルフサービスポータルの存在です。サービス申請者は自らサービスを選択し、追加のパラメータを指定し、システムに直接利用申請することができます。途中に人手が介在しないため、スピードアップとコストダウンが可能になります。

 また承認ワークフロー、プロビジョニング、モニタリング、メータリングなどが自動的に行われるのは、最初にサービス・テンプレートで必要な手順が設定されているからです。IT部門の役割は、個別のサービス申請への対応からサービステンプレートの定義、開発へとシフトすることになります。

日本IBM
日本IBMグローバル・テクノロジー・サービス事業でクラウド・コンピューティング・サービスのデリバリーを推進している。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています