PR

Amazon LinuxにPostgreSQL 9.0をインストールする

2011年10月25日(火)
宮原 徹(みやはら とおる)

/etc/yum.repos.d/pgdg-90-centos.repoの書き換え例

  [pgdg90]
  $releasever
  #name=PostgreSQL 9.0 $releasever - $basearch
  name=PostgreSQL 9.0 6 - $basearch ★← $releaseverを6に書き換え
  #baseurl=http://yum.postgresql.org/9.0/redhat/rhel-$releasever-$basearch
  baseurl=http://yum.postgresql.org/9.0/redhat/rhel-6-$basearch

7. 標準リポジトリからPostgreSQL関連パッケージを除外

/etc/yum.repos.d/amzn-main.repoと/etc/yum.repos.d/amzn-updates.repoに「exclude=postgresql*」の設定を記述する。これにより、標準のyumリポジトリからはPostgreSQL関連パッケージがインストールされなくなる。

amzn-main.repoの記述例

  # cat amzn-main.repo
  [amzn-main]
  name=amzn-main-Base
  mirrorlist=http://repo.ap-northeast-1.amazonaws.com/$releasever/main/mirror.list
  mirror_expire=300
  metadata_expire=300
  priority=1
  failovermethod=priority
  fastestmirror_enabled=0
  gpgcheck=1
  gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-amazon-ga
  enabled=1
  exclude=postgresql* ★← 1行追加
  
  [amzn-main-debuginfo]
  name=amzn-main-debuginfo
  mirrorlist=http://repo.ap-northeast-1.amazonaws.com/$releasever/main/debuginfo-mirror.list
  mirror_expire=300
  metadata_expire=300
  priority=1
  failovermethod=priority
  fastestmirror_enabled=0
  gpgcheck=1
  gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-amazon-ga
  enabled=0
  retries=5
  timeout=10

amzn-updates.repoの記述例

  # cat amzn-updates.repo
  [amzn-updates]
  name=amzn-updates-Base
  mirrorlist=http://repo.ap-northeast-1.amazonaws.com/$releasever/updates/mirror.list
  mirror_expire=300
  metadata_expire=300
  priority=1
  failovermethod=priority
  fastestmirror_enabled=0
  gpgcheck=1
  gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-amazon-ga
  enabled=1
  exclude=postgresql* ★← 1行追加
  
  [amzn-updates-debuginfo]
  name=amzn-updates-debuginfo
  mirrorlist=http://repo.ap-northeast-1.amazonaws.com/$releasever/updates/debuginfo-mirror.list
  mirror_expire=300
  metadata_expire=300
  priority=1
  failovermethod=priority
  fastestmirror_enabled=0
  gpgcheck=1
  gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-amazon-ga
  enabled=0
  retries=5
  timeout=10
著者
宮原 徹(みやはら とおる)
日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO

日本オラクルでLinux版Oracleのマーケティングに従事後、2001年に(株)びぎねっとを設立し、Linuxをはじめとするオープンソースの普及活動を積極的に行い、IPA「2008年度 OSS貢献者賞」を受賞。2006年に日本仮想化技術(株)を設立し、仮想化技術に関する情報発信とコンサルティングを行う。現在は主にエンタープライズ分野におけるプライベートクラウド構築や自動化、CI/CDなどの活用について調査・研究を行っている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています