PR

Zabbix2.0でJavaアプリケーションの監視

2012年4月13日(金)
池田 大輔

Zabbix Java Gateway

先ほどのインタフェースの、タイプ設定項目の1つに「JMX」というJMX監視用の設定があります。このJMX監視に関して、Zabbix2.0から新たに実装された機能があります。それがZabbix Java Gateway機能です。

1.8系ではJavaプロセスの監視(メモリ使用量の監視等)を行いたい場合、監視対象となる機器それぞれに「Zapcat」と呼ばれる別ツールを導入する必要がありました。また、Zapcatを利用しないやり方として、Zabbix Agentのユーザーパラメータ機能を使ったり、SNMP監視の結果からJavaプロセスのリソース状況を取得したりと、設定に一工夫が必要でした。

こういった手間を削減するため、2.0ではJMX監視の機能がネイティブでサポートされました。

図3:Zabbix Java Gateway概要図(クリックで拡大)

Zabbix Java GatewayはZabbix ServerとJavaアプリケーション監視対象マシン群との間に配置することで、監視対象マシン上で稼働するJavaアプリケーションの監視が可能になります。

Zabbix Java GatewayはZabbix Serverと同一のマシン上で稼働させることも可能です。また、Zabbix ProxyからZabbix Java Gatewayを用いたJMX監視も可能です。

Zabbix Java Gatewayを利用したJavaアプリケーション監視

それでは実際にJavaアプリケーションを監視する具体的な方法を紹介したいと思います。設定の例として、Hadoop※6のプロセスの稼働状況監視を行います。

HadoopはNameNode、DataNode、TaskTracker、JobTrackerなど複数のJavaアプリケーションで成り立っています。そのため、Javaアプリケーション毎のリソース使用量などを確認したいという要望も多いかと思います。そういったHadoop環境の監視設定の一例として参考にしていただければと思います。

監視を行うために必要な設定は以下の6点です。

  1. OpenJDKインストール
  2. Zabbix Java Gatewayのインストール・設定
  3. Zabbix Serverの設定変更
  4. Hadoopの各Javaアプリケーションの起動オプション設定
  5. JMX監視用プロセス稼働ポートのFW開放設定
  6. ZabbixにJMX監視用アイテム登録

以降、CentOS5.6のOS上での設定方法を具体的に説明します。

1. OpenJDKインストール

Zabbix Java Gatewayが稼働するサーバーには、Javaの実行環境が必要になります。OpenJDKがインストールされていない場合は、以下を実行し、インストールしてください。

  $ sudo yum install java-1.6.0-openjdk

2. Zabbix Java Gatewayのインストール・設定

次に、JMX監視を行うZabbix Java Gatewayを構築し、起動する必要があります。以下に、ソースコードからZabbix Java Gatewayをインストールする手順を示します。今回は、Zabbix Serverと同一マシン内にZabbix Java Gatewayをインストールしています。

  $ cd Zabbixソースディレクトリ
  $ ./configure --enable-java --prefix=/usr/local/zabbix
  $ make
  $ sudo make install

これによって/usr/local/zabbix/sbin以下にzabbix_javaというディレクトリがインストールされます(--prefixの設定値は環境に合わせて変更してください)。

Zabbix Java Gatewayの設定は、/usr/local/zabbix/sbin/zabbix_java/settings.shで行います。

Zabbix Java Gatewayの待ち受けIPアドレスや待ち受けポート、JMX監視を実行するプロセスの数などを環境に応じて設定します。Zabbix Java Gatewayの起動停止はスクリプトを用いて行います。

  $ sudo /usr/local/zabbix/sbin/zabbix_java/startup.sh  ←起動
  $ sudo /usr/local/zabbix/sbin/zabbix_java/shutdown.sh  ←停止

Zabbix Java Gatewayの待ち受けポート(デフォルト設定:10052/TCP)にZabbix ServerからアクセスできるようFWの開放設定を行う必要があります。

3. Zabbix Serverの設定変更

Zabbix Serverの設定ファイル(zabbix_server.conf)に、Zabbix Java Gatewayの情報を追加する必要があります。追加すべき項目は、以下の3項目です。

  • JavaGateway=10.1.1.10 ← Zabbix Java Gatewayが稼働しているサーバーのIPアドレス
  • JavaGatewayPort=10052 ← Zabbix Java Gatewayが稼働しているサーバーのポート番号
  • StartJavaPollers=5 ← Zabbix Java Gatewayと通信するプロセスの起動数

この設定を追加してZabbix Serverを再起動することでZabbix ServerとZabbix Java Gatewayが通信可能になります。
今回はZabbix Serverの設定を変更しましたが、Zabbix ProxyとZabbix Java Gateway間での通信が必要な場合にはzabbix_proxy.confに上記設定が必要です。

TIS株式会社

Twitter : @ike_dai
TIS株式会社OSS推進室所属。社内向けシステムの保守運用業務を経験後、クラウド時代の効率的な統合運用管理をテーマに活動中。特に、OSSを駆使した運用のエコシステム実現を目指し、Zabbix,fluentd,Serverspec,Ansibleなどの導入や検証に取り組む。技術検証成果などを技術ブログ『Tech-Sketch』にて発信中。著書:『Zabbix統合監視徹底活用 - 複雑化・大規模化するインフラの一元管理』

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています