PR

CSS3だけで実現するアニメーションとは?

2012年4月19日(木)
土井 毅(著)山田祥寛(監修)

Transformsモジュールを利用したサンプル

それぞれのサンプルコードと実行例は以下のようになります。なお、紙面の関係で、以降のサンプルコードではWebkit搭載ブラウザ用のベンダープレフィックス(-webkit-)のみを使用しています。

translate関数の使用例(transform-translate.html)

  <style>
  <!--
  div	{ width: 150px; padding: 20px; background: #EEE; margin-bottom:150px; }

  div.sample2 {
    -webkit-transform: translate(30px,30px);  ←X方向、Y方向にそれぞれ30ピクセル平行移動
  }
  div.sample3 {
    -webkit-transform: translate(100px);      ←X方向に100ピクセル平行移動
  }
  -->
  </style>
  ・・・↓対象の要素群・・・
  <div class="sample1">Hello transforms!!!</div> 
  <div class="sample2">translate(30px, 30px)</div>
  <div class="sample3">translate(100px)</div>
 図1:translate関数で平行移動(クリックで拡大)

scale関数の使用例(transform-scale.html)

  div.sample2 {
    -webkit-transform: scale(0.5,0.5);    ←X方向、Y方向に0.5倍に縮小
  }
  div.sample3 {
    -webkit-transform: scale(2.0);        ←2倍に拡大
  }
 図2:scale関数で拡大縮小(クリックで拡大)

rotate関数の使用例(transform-rotate.html)

  ・・・
  div.sample2 {
    -webkit-transform: rotate(45deg);      ←45度回転
  }
  div.sample3 {
    -webkit-transform: rotate(-30deg);  ←-30度回転
  }
  ・・・
 図3:rotate関数で回転(クリックで拡大)

【著者註: rotate01.BMP(rotate関数で回転)】

skew関数の使用例(transform-skew.html)

  ・・・
  div.sample2 {
    -webkit-transform: skew(30deg);         ←X方向に30度ゆがめる
  }
  div.sample3 {
    -webkit-transform: skew(-45deg);                ←X方向に-45度ゆがめる
  }
  div.sample4 {
    -webkit-transform: skew(-45deg, 25deg); ←X方向に-45度、Y方向に25度ゆがめる
  }
  ・・・
 図4:skew関数でゆがみ(クリックで拡大)

なお、変形を行う際の基準点は、デフォルトでは要素の中心となっています。例えば要素の拡大を行うと、以下の図の真ん中のように、要素の中心を基準に2倍に拡大しますので、左側が画面外に飛び出してしまいます。図の下はtransform-originプロパティの値を「0 50%」として、X方向の左端(0)、Y方向真ん中(50%)で指定することで、基準点から右方向に拡大を行っています。

transform-originプロパティの使用例(transform-origin.html)

  ・・・
  div.sample2 {
    -webkit-transform: scale(2.0);   ←単純に2倍すると左にはみ出す
  }
  div.sample3 {
    -webkit-transform: scale(2.0); 
    -webkit-transform-origin: 0 50%; ←左端の中心を基準に変形
  }
  ・・・
 図5:transform-originプロパティで変形の基準点を指定(クリックで拡大)

2種類のアニメーション - Transitions、Animationsモジュール

いよいよ主役のアニメーション機能の登場です。CSS3ではTransitionsとAnimationsという2種類のモジュールがそれぞれアニメーション機能を提供しています。

以下の図のように、Transitionsモジュールによるアニメーションでは、始点と終点におけるプロパティの値を指定します。一方、Animationsモジュールによるアニメーションでは、キーフレームと呼ばれる任意の点でのプロパティの値を指定することができます。

 図6:TransitionsモジュールとAnimationsモジュールのアニメーション方法の違い(クリックで拡大)

したがって、Transitionsモジュールでは始点から終点までの2点間のアニメーションしか行えないのに対し、Animationsモジュールではキーフレームを複数指定することで、様々なプロパティの値を連続的に変化させていくことができます。今回はTransitionsモジュールについて解説します。

Think IT会員限定特典
  • CSS3で実現するアニメーション

著者
土井 毅(著)山田祥寛(監修)
WINGSプロジェクト

有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表:山田祥寛)。おもな活動は、Web開発分野の書籍/雑誌/Web記事の執筆。ほかに海外記事の翻訳、講演なども幅広く手がける。2011年3月時点での登録メンバは36名で、現在もプロジェクトメンバーを募集中。執筆に興味のある方は、どしどしご応募頂きたい。著書多数。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています