PR

中の人がそっと教えるWebリニューアル失敗の顛末

2012年5月23日(水)
白石 俊平

出来上がったサイト

そして出来上がったのが以下のサイトです。

図4:いったん出来上がったPCサイト。当初のデザインは完全にあきらめた(クリックで拡大)

図5:いったん出来上がったモバイルサイト(クリックで拡大)

jQuery Mobileのおかげで、ネイティブアプリに近い動作が行われるだけではなく、各ページが個別のURLを持つためSEO上の問題もありません。そして何よりレスポンシブです。ブラウザのウィンドウサイズを変化させるだけで、レイアウトが変化します。

そして結局、当初のPCデザインはあきらめることにしました。そのままでも十分なクオリティーに思えたことと、jQuery Mobileが有効になった状態で、全く異なるレイアウトのPCサイトを作成するのは、非常にコストが高くなりそうだという判断からでした。

完成目前、しかし・・・

できは悪くない。期日も守ることができそうだ。

完成に近づいたWebサイトを、役員の方々にも見て頂き、「悪くない」という評価をいただきました。

これであとは、仕上げだけ・・・とひと安心していたところ、コミュニケーション用に開設していたFacebookグループ上に、デザイナさんの熱いメッセージが飛び込んできました。

「デザインをもう一度見直したい!」

「当初の目標であった『ページを開いて0.5秒でかっこいい』と思えるサイトにはなっていない!」

「いろんな技術を盛り込むことに重点を置いてしまい、本来の目的を見失っていた」

すっかり安心していたところに、まさに青天のへきれきのようなメッセージでした。

デザイナさんとは、最初のコンセプト立案から、一緒にやってきました。当然、これまでの流れは全て知り尽くしています。その上で、自分が発する言葉が「作業の白紙撤回」を求めていることも、そしてそれまでにかけた時間的リソースが灰じんに帰すことも理解した上での、覚悟の言葉に違いありませんでした。

この、情熱がほとばしるようなメッセージを受けて・・・ぼくは自分が誤っていたことを知りました。深く反省しました。

クリエイティビティとコストは、常に緊張関係にあります。どちらかを優先すれば、どちらかにしわ寄せが必ず来るという関係です。そして、ディレクターだったぼくがコストを優先させてしまったせいで、当初のクリエイティブな目標が忘れ去られてしまったのです。そしてそこには、「自社サイトだから」という甘えが、品質を厳密に要求するクライアントの不在から来る甘えが、間違いなくありました。

そして結局、ホームページ作成はゼロからやり直すことになりました。ここまでの制作コストは、大半が無駄になってしまいました。完全にぼくの責任です。数少ない救いは、セマンティックなマークアップを行っていたおかげで、HTMLはほぼそのままで使えそうなことと、技術的にも、仕事のスタンス的にも様々なノウハウが蓄積されたことです。そうしたノウハウについては、次回の記事でお話したいと考えています。乞うご期待!

株式会社シーエー・モバイル

株式会社シーエー・モバイル Web先端技術フェロー、株式会社OpenWeb Technology代表取締役。HTML5開発者コミュニティ「html5j.org」管理人、Google公認 API Expert (HTML5)、Japan Java User Group幹事、Microsoft Most Valuable Professional 2010/2011 (IE)なども務めています。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています