PR

リマインダーとアラームを使うサンプル

2012年6月25日(月)
PROJECT KySS
<p>リマインダーアプリの解説は以上です。次ページからはアラームアプリを解説していきます。</p> <h2>アラームを使う</h2> <p>次に、アラームのサンプルを解説します。指定した時間でのスケジュールやダイアログの起動、定期的なスケジュールを指定できる点はリマインダーと同じですが、アラームでは起動時に再生されるカスタムサウンドファイルを指定することができます。サンプル動作は下記の通りです。</p> <p>このサンプルでは、リストボックスに表示されたスケジュールを選択し、アラームにセットします。</p> <p>その後、何か別なアプリを操作していると、1分後にサウンド(wmaファイル)が鳴ってダイアログが起動し、スケジュールを通知してくれます(図4)。</p> <table cellspacing="10" style="width: 636px;"><tbody><tr><td width="204"><a href="/sites/default/files/articles/359704.png" target="_blank"><img alt=" " src="/sites/default/files/articles/359704.png" style="width:200px;" /></a></td> <td><strong><span style="font-size: 12px;color: rgb(255, 140, 0);">図4:アラームを設定すると、指定した時刻にサウンドが鳴ってスケジュールを通知してくれる(クリックで拡大)</span></strong></td> </tr></tbody></table><p>サンプル一式は、会員限定特典としてダウンロードできます。記事末尾をご確認ください。</p> <h4>実機(IS12T)で動かした動画はこちら</h4> <p><iframe allowfullscreen="" frameborder="0" height="420" src="http://www.youtube.com/embed/YrXgWtO4iwI?rel=0" width="560"></iframe></p> <p style="font-size:12px; color:#000000; background-color:#F5F5F5; border: 1px solid #999999; padding: 5px; margin: 10px 0; text-indent:0;">(*)アラームと同時に実際にはサウンドが流れています。この動画ではサウンドは記録されておりません。</p> <h3>プロジェクトの作成</h3> <p>VS 2010のメニューから[ファイル(F)/新規作成(N)/プロジェクト(P)]と選択します。</p> <p>次に、「Windows Phone アプリケーション」を選択して、「名前(N)」に任意のプロジェクト名を指定します。ここでは「WP71_ Alarm」という名前を付けています。Windows Phoneのバージョンは7.1を選択します。</p> <p>VS2010メニューの「プロジェクト(P)/参照の追加(R)」と選択してSystem.Xml.Linqを追加しておいてください。また、リスト4のXML文書ファイル(Alarm.xml)も作成しておいてください。</p> <p>ソリューションエクスプローラ内にWMAというフォルダを作成して、3つのサウンドファイルを置いています。ダウンロードされたサンプルファイルには、これらのファイルは追加済みです。</p> <h4>リスト4 XML文書ファイル(Alarm.xml)</h4> <pre class="brush: plain" type="syntaxhighlighter"><?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?> <アラーム> <情報> <タイトル>起床</タイトル> <内容>起床時間だよぉーー</内容> <音>Ring01.wma</音> </情報> <情報> <タイトル>アルバイト</タイトル> <内容>アルバイトの時間だよぉーー</内容> <音>Ring02.wma</音> </情報> <情報> <タイトル>デート</タイトル> <内容>デートの時間だよぉーー</内容> <音>Ring03.wma</音> </情報> </アラーム> </pre> <h3>MainPage.xamlの編集とコントロールの追加</h3> <p>LayoutRootという名前を持つ<grid>要素のBackground(背景色)プロパティにWhiteを指定して、背景を白にします。すると、ApplicationTitleやPageTitleという名前を持つTextBlockの文字が見えなくなりますので、Foreground(文字色)にBlackを指定します。</grid></p> <p>PageTitleのTextプロパティには「アラームの設定」と指定します。TextBlockのStyleプロパティに指定されているPhoneTextTitle1Styleでは、文字サイズが大きすぎるので、PhoneTextTitle2Styleを指定します。</p> <p>ツールボックスからListBoxコントロールを1個配置します。ListBoxのForeground(文字色)にはNavyを指定します(図5)。</p> <table cellspacing="10" style="width: 636px;"><tbody><tr><td width="204"><a href="/sites/default/files/articles/359705.png" target="_blank"><img alt=" " src="/sites/default/files/articles/359705.png" style="width:200px;" /></a></td> <td><strong><span style="font-size: 12px;color: rgb(255, 140, 0);">図5:ListBoxコントロールを配置する(クリックで拡大)</span></strong></td> </tr></tbody></table><p>書き出されるXAMLコードは省略します。</p>
Think IT会員限定特典
  • リマインダーアプリのサンプル

  • アラームアプリのサンプル

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています