PR

KinectButtonを動的に作成して、ジェスチャーで文字を表示させるサンプル

2012年8月9日(木)
薬師寺 国安

次に、ソリューションエクスプローラー内のMainWindow.xamlを展開して表示される、MainWindow.xaml.vbをダブルクリックしてリスト2のコードを記述します。

ロジックコードを記述する

リスト2 (MainWindow.xaml.vb)

  Option Strict On

KinectButtonを操作する機能の含まれる、Beginning.Kinect.Framework.ControlsとBeginning.Kinect.Framework.Input名前空間をインポートしておきます。

Imports Beginning.Kinect.Framework.Controls
Imports Beginning.Kinect.Framework.Input

Imports Microsoft.Kinect

Class MainWindow
  Dim myKinect As KinectSensor

ウィンドウが読み込まれた時の処理

Kinect センサーが接続されていない場合は、警告を発して処理を抜けます。そうでない場合は、Kinect センサーを取得し、RGBカメラの機能を有効にして、StartメソッドでKinect センサーを動作します。

  Private Sub MainWindow_Loaded(sender As Object, e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles Me.Loaded
    If KinectSensor.KinectSensors.Count = 0 Then
      MessageBox.Show("KINECTが接続されておりません。")
      Exit Sub
    Else
      myKinect = KinectSensor.KinectSensors(0)
      myKinect.ColorStream.Enable()
      myKinect.Start()
    End If
  End Sub

KinectButton上にマウスカーソル(この場合赤い円)が乗った場合の処理

表示される赤い円はKinectButtonに用意されているもので、ユーザが記述して作成するものではありません。
SenderオブジェクトからDirectCastメソッドでKinectButtonにキャストします。KinectButtonの背景色を青色に変化します。KinectButtonの表面にあるボタンの文字(Content.ToString)で条件分岐を行います。TextBlockに選択されたKinectButtonのContentプロパティの値を表示します。

  Private Sub Button_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs)
    Dim myButton As KinectButton = DirectCast(sender, KinectButton)
    myButton.Background = New SolidColorBrush(Colors.Blue)
    Select Case myButton.Content.ToString
      Case myButton.Content.ToString
        TextBlock1.Text = myButton.Content.ToString & "が選択"
      Case Else
        Exit Select
    End Select
  End Sub

KinectButtonからカーソル(赤い円)が離れた時の処理

KinectButtonの背景色をGoldに戻します。TextBlock内の表示を消します。

  Private Sub Button_KinectCursorLeave(sender As Object, e As Beginning.Kinect.Framework.Input.KinectCursorEventArgs) Handles kinectButton1.KinectCursorLeave
    Dim myButton As KinectButton = DirectCast(sender, KinectButton)
    myButton.Background = New SolidColorBrush(Colors.Gold)
    TextBlock1.Text = String.Empty
  End Sub

ウィンドウが閉じられた場合の処理

Kinectセンサーが動作している場合は、Kinect センサーの動作を停止し、リソースを開放します。

  Private Sub MainWindow_Closing(sender As Object, e As System.ComponentModel.CancelEventArgs) Handles Me.Closing
    If myKinect Is Nothing = False Then
      If myKinect.IsRunning = True Then
        myKinect.Stop()
        myKinect.Dispose()
      End If
    End If
  End Sub
End Class

先のサンプルでは、ツールボックスから3つのKinectButtonをデザイン画面上に配置しましたが、今回はプログラム上から、動的にKinectButtonを生成する処理を紹介いたします。

Think IT会員限定特典
  • Kinect Buttonを使って画面上にボタンを表示・操作するサンプル(1)

  • Kinect Buttonを使って画面上にボタンを表示・操作するサンプル(2)

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています