PR

フリーハンドで書いた住所を認識してBing Map上に表示する

2012年11月20日(火)
薬師寺 国安

参照の追加

ソリューションエクスプローラーの「すべてのファイルを表示」アイコンをクリックして、「参照設定」を表示させます。「参照設定」を選択状態にし、マウスの右クリックで表示されるメニューから、「参照の追加」を選択します。表示される画面の左に表示されるWindowsを展開して「拡張」をクリックします。すると図7の画面が表示されますので、図7のように2つの名前を選択してチェックを付け、〔OK〕をクリックします。「Bing Maps for C#, C++, or Visual Basic」をチェックします。また,C#とVisual Basicのプロジェクトの場合,「Microsoft Visual C++ Runtime Package」も必要ですので、併せてチェックします。

図7:ソリューションエクスプローラーの「参照設定」から「参照の追加」を選択しBing Maps関連の名前にチェックを入れて〔OK〕ボタンをクリックする(クリックして拡大)

すると、ソリューションエクスプローラー内の「参照設定」内に2つの名前が追加されます。しかし名前の先頭に黄色いマークが表示され、まだBing Maps SDKが使用できない状態になっています(図8)。

図8:まだBing Maps SDKが使用できない状態にある

「構成マネージャ」の設定

この状態では、まだBing Maps SDKが使用できませんので、使用できるようにします。まず、VS2012のメニューから「ビルド(B)/構成マネージャ(O)」と選択します。「プラットフォーム」がAny CPUになっていますので、プルダウンメニューから、該当するプラットフォームを選択します。筆者の環境では×86を選択する必要がありました(図9)。[閉じる]ボタンをクリックすると、ソリューションエクスプローラー内の「参照設定」にあった「Bing Maps for C#, C++, or Visual Basic 」と「Microsoft Visual C++ Runtime Package」の先頭の黄色いアイコンが消えています。これでBing Maps SDKの使用が可能になりました。

図9:「構成マネージャ」からプラットフォームを設定する(クリックして拡大)

次にBing Mapの表示されるページを作成します。

「空白のページ」の作成

VS2012のメニューの「プロジェクト(P)/新しい項目の追加(W)」と選択します。「新しい項目の追加」ダイアログボックスが開きますので、「空白のページ」を選択します。「名前(N)」にBingMapsPage.xamlと入力し、[追加(A)]ボタンをクリックします。

コントロールの配置

表示されるデザイン画面の要素に名前空間を追加します。xmlns:bm=”と入力すると値の一覧が表示されますので、Bing.Mapsを選択します(図10)。Bing.Mapsが表示されない場合は、一度VS2012を再起動してください。

次にツールボックスからTextBoxコントロールを1個配置します。書き出されるXAMLコードをリスト2のように編集します。

図10:xmlns:bm=”と入力してBing.Mapsの値が表示されている(クリックして拡大)

リスト2 書き出され編集されたXAMLコード(BingMapspage.xaml)

  • (1) bmという名前空間を定義しています。
  • (2)要素を配置し、CredentialsプロパティにBing Maps Account Centerで取得したBing Maps Keyを指定します。Bing Maps Keyの取得方法は後述しています。
  • (3)手書きで入力した住所を認識して表示するTextBoxです。
<Page
  x:Class="Win8_FreeHandAddressMap.BingMapsPage"
  xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
  xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
  xmlns:local="using:Win8_FreeHandAddressMap"
  xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
  xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
  xmlns:bm="using:Bing.Maps"■(1)
  mc:Ignorable="d" Width="1920" Height="1080">
 
  <Grid Background="{StaticResource ApplicationPageBackgroundThemeBrush}">
    <bm:Map Credentials="Bing Maps Account Centerで取得したBing Maps Key” x:Name="myMap" Margin="0,0,35,0" />■(2)
    <TextBox x:Name="addressTextBox" Margin="540,10,365,1007"  FontFamily="Meiryo UI" FontSize="36" FontWeight="Bold"/>■(3)
  </Grid>
</Page>
Think IT会員限定特典
  • フリーハンドで住所を書いてBing Map上に表示するサンプルアプリ

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています