PR

自分の現在位置を取得して表示するサンプルプログラム

2013年6月27日(木)
薬師寺 国安

今回のサンプルは、自分の現在いる位置を自動的に取得して、その大体の住所を表示するものです。ですので、デスクトップPCは対象にしていません。デスクトップPCを持って移動するということはないですからね(^_^)v。対象はノートPCまたは、タブレットPCです。

起動すると自分の現在いる位置にズームインし、その場所に赤い●が表示されます(図2)。赤い●をタップすると、現在の大体の住所を表示します(図3)。住所の表示を消すには、再度住所をタップすると消すことができます。

このサンプルはGPSを搭載、または位置情報取得機能を搭載したPCでないと正常に動作しませんので、注意してください。Windows 8ストアアプリの「地図」(図1)を起動して、自動的に自分の居る位置を指しているか確認してみてください。

筆者の使用しているデスクトップPCでは、松山は取得していますが、私の住んでいる場所とは、遠くかけ離れた場所(県庁所在地)を指しています(-_-;)。GPSを搭載したタブレットPCでは、問題なく私の住んでいる場所を指しています。

図1:「地図」アプリを起動した。松山を取得しているが、県庁を取得している。筆者の現在位置とはだいぶずれている(クリックで拡大)
図2:プログラムでも「地図」アプリと同じ位置を取得している。赤い●をタップして住所が表示されている(クリックで拡大)

実際に動かした動画は下記のようになります。Windows ストアアプリの動画を撮るアプリケーションが存在していませんので、スマホで撮影した動画のため、見難い点はご了承願います。

サンプル一式は、会員限定特典としてダウンロードできます。記事末尾をご確認ください。

プロジェクトの作成

VS 2012のメニューから[ファイル(F)/新規作成(N)/プロジェクト(P)]と選択します。次に、「テンプレート」から「Windows ストア」を選択し、右に表示される項目名から「新しいアプリケーション(XAML)」を選択します。「名前(N)」に任意のプロジェクト名を指定します。ここでは「CurrentLocationGPS」という名前を付けています。

Yahoo!ローカルサーチAPIの使用

今回は、「Yahoo!ローカルサーチAPI」を使用します。詳細については下記のURLを参照してください。
→ Yahoo!ローカルサーチAPI

この位置情報から、住所を抽出するコードは、今後もよく使用しますので、よく理解しておいてください。
下記のページから「Yahoo! JAPAN ID登録」を行ってください。
→ Yahoo! JAPAN ID登録

「Yahoo!JAPAN ID」を登録したら、下記のページから「アプリケーションID」を登録します(必ずログイン後に下記のサイトをクリックしてください。「セキュリティ証明書に問題があります。」と表示されますが、続行してください)。
→ アプリケーションの管理
筆者はすでに「アプリケーションID」を登録していますので、図3の画面が表示されます。

図3:アプリケーションID登録画面(クリックで拡大)

図3の「新しいアプリケーション開発」ボタンをクリックして、「アプリケーション情報」を入力し、「確認」ボタンをクリックした後、「登録」ボタンをクリックしてください。これで「アプリケーションID」が発行されます。

次にBing Mapsを使用しますので、「Bing Maps SDK for Windows Store apps」をインストールします。

「拡張機能と更新プログラム」から「Bing Maps SDK for Windows Store apps」のインストール

Bing MapsをWindows ストアから使用するには、あらかじめ「Bing Maps SDK for Windows Store apps」をインストールしておく必要があります。

まず、VS2012のメニューの「ツール(T)/拡張機能と更新プログラム(U)」と選択します。表示される画面の左から、「オンライン」を選択します。
すると「Bing Maps SDK for Windows Store apps」の「ダウンロード」が出てきますので「ダウンロード」をクリックします(図4)。
「ダウンロード」をクリックすると「ダウンロード」が開始されます(図5)。
「ダウンロード」が完了すると「インストール」が出てきますので、これをクリックしてインストールします(図6)。
インストールが完了すると、「Bing Maps SDK for Windows Store apps」の右隅上にインストール済みのアイコンが付きます(図7)。

図4:「Bing Maps SDK for Windows Store apps」の「ダウンロード」をクリック(クリックで拡大)
図5:「Bing Maps SDK for Windows Store apps」の「ダウンロード」が開始される(クリックで拡大)
図6:「Bing Maps SDK for Windows Store apps」のインストール画面になる(クリックで拡大)
図7:「Bing Maps SDK for Windows Store apps」のインストールが完了すると、インストール済みのアイコンが表示される(クリックで拡大)

[今すぐ再起動]をクリックしてVS2012を再起動してください。

参照の追加

ソリューションエクスプローラーの「すべてのファイルを表示」アイコンをクリックして、「参照設定」を表示させます。
「参照設定」を選択状態にし、マウスの右クリックで表示されるメニューから、「参照の追加」を選択します。
表示される画面の左に表示されるWindowsを展開して「拡張」をクリックします。
すると図8の画面が表示されますので、図8のように2つの名前を選択してチェックを付け、[OK]をクリックします。
「Bing Maps for C#, C++, or Visual Basic」をチェックします。また,C#とVisual Basicのプロジェクトの場合,「Microsoft Visual C++ Runtime Package」も必要ですので、併せてチェックします。

図8:ソリューションエクスプローラーの「参照設定」から「参照の追加」を選択しBing Maps関連の名前にチェックを入れて〔OK〕ボタンをクリックする(クリックで拡大)

すると、ソリューションエクスプローラー内の「参照設定」内に2つの名前が追加されます。しかし名前の先頭に黄色い▲マークが表示され、まだBing Maps SDKが使用できない状態になっています(図9)。

図9:まだBing Maps SDKが使用できない状態にある(クリックで拡大)
Think IT会員限定特典
  • 自分の現在位置を取得して表示するプログラム

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています