PR

高可用性とデータ・シャーディングを実現できるMySQL Fabricとは?

2014年9月17日(水)
山﨑 由章

MySQL Fabricのダウンロード、製品マニュアル

本記事を読んでMySQL Fabricに興味を持った方は、是非試していただければと思います!

製品のダウンロード先、マニュアルなどは以下をご参照下さい。

また、MySQL FabricのFAQはこちらをご参照下さい。「MySQL Fabricサーバーに障害が起きたらどうなるの?」といった、よくある質問に対する回答がまとめられています。

MySQL Fabricの今後

現時点で対応しているコネクタはPHP、Python、Javaのみですが、今後も新しいコネクタの追加を検討しています。他にも、複数シャードにまたがるトランザクションや、複数シャードにまたがるUNION処理など、様々な機能拡張を検討しています。

MySQL Fabricの今後の機能拡張について要望等があれば、MySQL Bugsでバグ報告や機能追加要望を受け付けています。皆さんからのフィードバックがあれば、開発もより活発に進みますので、是非フィードバックをお寄せ下さい!!

図5: bugs.mysql.com

※MySQL Fabricは無償版(コミュニティエディション)でもご利用いただけますが、商用版の場合はEnterprise Editionをご契約いただく必要があります(MySQL Utilities、MySQL Fabric共に、こちらのページでご案内している通りEnterprise Editionのみでサポート対象となっています)。

※本稿において示されている見解は、私自身の見解であって、私の所属するオラクルの見解を必ずしも反映したものではありません。

日本オラクル株式会社

MySQLのセールスコンサルタント。元々はOracleデータベースのコンサルティング、サポート等に従事していたが、オープンソースとフリーソフトウェア(自由なソフトウェア)の世界に興味を持ち、MySQLの仕事を始める。趣味は旅行と美味しいものを食べること。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています