PR

Unityを使ったキャラクターと人体の同期(前編)

2014年10月1日(水)
薬師寺 国安

今回と次回の2回で、Unity ProからKinect v2を使って、ディスプレイ上のキャラクター(Unityちゃん)を同期させる処理を解説します。今回は「Unityとは何か?」そして「何ができるのか」を解説し、あわせて開発環境の構築までを解説します。実際にキャラクターを同期させる処理は、次回に解説します。

Unityとは? 何ができるのか?

Unityとは統合開発エンジンで、ゲームを作ったり、3Dコンテンツを作ったりできる機能を提供してくれます(図1)。マルチプラットフォームに対応しており、作成したゲームや3Dコンテンツは、PC、Android、iPhone、PS(PlayStation)などに配信できるようになります。

図1: Unityで作成されたコンテンツ(クリックで拡大)

Unityで使用可能な言語はC#、JavaScript、Booです。今回はノンコーディングでキャラクターを操作しますので、C#やJavaScriptやBooの知識は不要です。但し、自分で凝ったゲームを作成する場合等には、JavaScript(筆者推奨)の知識が必要になります。Unityで使用されるJavaScriptは一般のJavaScriptとは異なり、Unity用に拡張された「Unity Script」と呼ばれます。

開発環境の構築

現在のUnityのバージョンは「4.5.4」です。「4.5.4」をインストールしましょう。またUnityからKinectv2を扱うためには、無料版のUnityは使用できません。有料版であるUnity Proの30日間試用版が提供されていますので、こちらを使用してください。また、Unityはしきりにバージョンアップを繰り返すため、時々チェックして、常に新しいバージョンを入れておくと良いでしょう。

Unity4のダウンロードは下記のURLになります。
Unity - ダウンロード

上記ページに入ると「Download Unity 4.5.4」のボタンが表示されています。これをクリックしてください(図2)。

図2: 「Download Unity 4.5.4」をクリックする(クリックで拡大)

「Unity 4.5.4」をダウンロードし、「UnitySetup-4.5.4.exe」ファイルをダブルクリックすると、すぐにインストールが開始されます。このインストールには数分の時間がかかります。
インストールが完了すると、新しいプロジェクトの作成画面が表示されます。「Create」ボタンをクリックしてプロジェクトを作成してください。図3のような画面が表示されます。

図3: Unityの画面が表示された(クリックで拡大)

この画面を表示させておいた状態で、各種パッケージファイルをインポートします。

パッケージファイルのダウンロード

今回インストールするのは、以下の2つです。但し、Kinect v2が 2014/09/16にバージョンアップされましたので、下記のURLからインストールされているものと仮定します。
Kinect for Windows SDK 2.0 Public Preview

1. Kinect for Windows SDK 2.0 Unity Pro Add-in

Unity ProからKinect v2の使用を可能にするためのアドインです。以下のURLからダウンロードできます。
KinectForWindows_UnityPro_PublicPreview_1409.zip

上記をクリックすると、即ダウンロードが開始されますので、任意のフォルダに保存してください。ダウンロードされるファイル名は、「KinectForWindows_UnityPro_PublicPreview_1409.zip」というファイル名になります。このファイルは圧縮されていますので、任意のフォルダ—に解凍しておいてください。

2.キャラクター(Unityちゃん)のパッケージファイル

下記からダウンロードできます。
UNITY-CHAN!

上記URLに「キャラクター利用のガイドライン」が表示されますので、よく読んで、一番下に表示されている「ユニティちゃんライセンスに同意しました。」にチェックを付けて、「データをダウンロードする」ボタンをクリックしてください(図4)。

図4: 「キャラクターの利用ガイドライン」が表示される

「ダウンロード」ボタンをクリックすると、「データダウンロード」ページが表示されます(図6)。このページから「ユニティちゃんデータ」のバージョンが「1.2」のunitypackageをダウンロードして下さい。 ダウンロードされるファイル名は「unityChan.unitypackage」というファイルになります。

図5: 「データダウンロード」ページが表示される(クリックで拡大)

次に、ダウンロードしたパッケージファイルをUnityにインポートします。

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています