PR

Unityちゃんを動かしてみる

2014年11月6日(木)
薬師寺 国安
 

Unityちゃんをジャンプさせる

まず、「Project」内の「Locomotion」フォルダーにある「Locomotion.controller」を選択し、「Animator」タブをクリックします。すると、「Any State」と6角形の「Locomotion」が表示されますので、この「Locomotion」をダブルクリックします。

各種の「State」(状態)が、矢印付きの線で結ばれて表示されます。「Animator」はUnity4から追加された「Mecanim」のコアとなる機能で、アニメーションシステムを管理する仕組みになります。この画面には、アニメーションの「State」と「Transition」(遷移)が表示されています(図20)。

図20:アニメーションの「State」と「Transition」が表示されている(クリックで拡大)

次に、画面上の何もないところでマウスを右クリックし、表示されるメニューから[Create State]ー[Empty]と選択してください。すると、「New State」という新しい「State」が作成されます。「New State」を選択し、[Inspector]で名前を「Jump」に変更します(図21)。

図21:「Jump」という新しい「State」が作成された(クリックで拡大)

次に、「Jump」の「State」を選択し、マウスの右クリックで表示されるメニューから、「Make Transition」を選択します。すると矢印線が出てきますので、「WalkRun」の「State」と結びつけます。今度は「WalkRun」を選択して、同じ手順で「Jump」と結び付けてください(図22)。

図22:「Jump」と「WalkRun」の「State」をお互いに矢印線(Transition)で結んだ(クリックで拡大)

次に、画面の左隅下にある「Parameters」の「+」をクリックして、表示される一覧から「Bool」を選択します。「New Bool」という「Parameters」が追加されますので、名前を「Jump」としておいてください。

次に、「Jump」から「WalkRun」に延びている矢印線を選択します。「Inspector」内の「Conditions」にある「+」アイコンをクリックします。「Exit Time」が追加されますので、上下「▼」を選択して、表示されるリストから「Jump」を選択し、値に「false」と指定します(図23)。

図23:「Jump」を選択、値に「false」を指定する(クリックで拡大)

次に「WalkRun」から「Jump」に延びている線を選択して、同じ手順で「Conditions」に「Jump」を選択し、値に「true」を指定します。

最後に、「Jump」の「State」を選択し、「Inspector」内の「Motion」の横にある小さな「◎」をクリックして「Select Motion」画面を表示し、一覧の中から「RunJump_ToLeft_2」を選択します(図24)。

図24:「Motion」に「RunJump_ToLeft_2」を指定する(クリックで拡大)

これで、「Animator」の設定は終わりです。
次にScriptを記述します。

ジャンプ用Scriptの記述

「Hierarchy」から「unitychan」を選択し、「Add Component」から[New Script]を選択します。「Name」に「UnitychanJump」と指定し、「Language」に「Java Script」を指定し「Create and Add」をクリックします。すると、「Inspector」内に「UnitychanJump(Script)」が追加されます(図25)。

図25:「UnitychanJump(Script)」が追加された(クリックで拡大)

「Script」内の「UnitychanJump」をダブルクリックします。MonoDevelopが起動しますので、リスト2のコードを記述します。

スペースキーでUnityちゃんがJumpするコード(UnitychanJump.js)

function Update () {                            (1)
 var myAnimator=GetComponent(Animator);         (2)
 if (Input.GetKey(KeyCode.Space))
 {
  myAnimator.SetBool("Jump",true);            (3)
 }

 var state:AnimatorStateInfo=myAnimator.GetCurrentAnimatorStateInfo(0);
 if(state.IsName("Locomotion.Jump"))
  {
    myAnimator.SetBool("Jump",false);         (4)
  }
 }
  1. function Updateは初めから記述されている関数です。この中に処理を記述します。
  2. GetComponent関数でAnimatorコンポーネントを取得し、変数myAnimatorで参照します。
  3. キーボードから入力されたキーがSpaceなら、SetBoolでJumpパラメーターにtrueを指定します。
  4. GetCurrentAnimatorStateInfo(0)でAnimatorの現在の状態を取得し、変数stateに格納します。そのAnimatorの名前がLocomotion.Jumpなら、SetBoolでJumpのパラメーターにfalseを指定して、次のJumpに備えます。

入力後、MonoDevelopでビルドしてエラーが出なければ、MonoDevelopを終了します。プレイ画面で実行すると、動画2のようにSpaceキーでジャンプできるようになりました。

動画2:Spaceキーでジャンプ!

この動画に表示されている、右隅上の「Change Motion」のメニューは不要ですね。これ以降の回で消す方法を解説します。

この「Scene」画面をUnityメニューの[File]ー[Save Scene as]と選択して、「Unityちゃんを動かす」というファイル名で保存しておいてください。

今回はこれで終わりです。次回はこのUnityちゃんの動きを使った、簡単なゲームを作ってみたいと思います。お楽しみに。

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています