PR

Riak、okuyamaのデータ書き込み性能を検証する

2014年12月17日(水)
倉又裕輔

センサーデータ蓄積でKVSを活用するためのポイント

以上の検証結果から、センサーデータ蓄積でKVSを活用するためのポイントとして、以下の点がわかりました。

クラスタ台数の見積もり

今回の検証結果から、クラスタ台数見積もりのための基礎データが得られました。ディスク保存パターン(検証1、2)では、1台から4台までのクラスタ構成における、同時書き込みのピーク性能についてデータが得られました。

またメモリ・ディスク併用パターン(検証3、4)では、ピーク性能の検証はできませんでしたが、長時間書き込みの性能測定により、4台のクラスタ構成で安定稼働時の同時書き込み性能のデータが得られました。検証期間の都合により、クラスタ台数を増減させた場合の性能検証はできませんでしたが、方法としてはディスク保存パターンと同様にして検証が可能です。

大規模クラスタでは書き込み負荷分散が重要

メモリ・ディスク併用パターンでは、同時アクセス数が増加した場合にデータ振り分けがボトルネックとなりました。一方ディスク保存パターンでは、ディスクI/Oがボトルネックとなりましたが、クラスタ台数をさらに増やせばディスクI/Oのボトルネックが解消され、結果としてデータ振り分けがボトルネックになると予想できます。以上から、クラスタ規模が大きい場合には、アクセスが特定ノードに集中しないよう構成検討が必要です。

okuyamaであればマスタノードの台数追加、Riakであればロードバランサの導入による適切なアクセス分散が必要と考えます。

メモリ・ディスク併用パターンではメモリ容量に要注意

メモリ・ディスク併用パターンでは、確保したメモリを使い切った場合に性能が大幅に低下するため、センサーデータを受けきれなくなると予想できます。そのため、設計で十分なメモリ量を見積もる、運用でメモリ監視を行う、メモリ枯渇に備えスケールアウト運用の手順を整備しておく、などの注意が必要と考えます。

さて、3回にわたってKVSの同時書き込み性能検証についてご説明してきました。今回取り上げたIoTをはじめとして、NoSQLの利用シーンは今後ますます増えてくると思います。NoSQLをまだ使ったことがないという方も、まずは手軽に始められるOSSのokuyamaやRiakを試してみてはいかがでしょうか。今回の検証結果を、NoSQL活用に役立てていただければ嬉しいです。

日立ソリューションズ
入社以来3年間、金融系SEとしてシステム基盤の設計・構築を担当しました。現在はオープンソース技術開発センタに所属し、OSSのNoSQLについて調査・検証に取り組んでいます。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Riak、okuyamaのデータ書き込み性能を検証する | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。