PR

LANスイッチの設定と運用 [ポートセキュリティ/VLAN/オートネゴシエーション]

2014年12月19日(金)
内山 豊彦

■SVI(Switched Virtual Interface)インターフェイスの設定

 
ここでは、SVIインターフェイスについて説明します。スイッチにもIPアドレスやデフォルトゲートウェイを設定できます。IPアドレスは、SVI(Switched Virtual Interface)インターフェイスに対して設定することができます。SVIインターフェイスとは、VLANインターフェイスとも呼ばれます。仮想NICのようなもので、VLANに対応させて使用することができます。管理用のVLANは、デフォルトではVLAN1になるため、レイヤ2スイッチではVLAN1に設定するのが一般的です。
 
次に示す例題は、スイッチへTelnet接続するために必要な設定を問うものです。
 
公式ガイドブック8章の問題5

※ 『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.194より抜粋。

 
Telnetの設定には、IPアドレスを指定する必要があります。スイッチのデフォルトの管理VLANはVLAN1なので、VLAN1にIPアドレスを設定します。
 

・IPアドレスの設定

SVIにIPアドレスを設定します。すべてのポートはデフォルトでVLAN1に所属しているため、VLAN1にIPアドレスを設定します。
 
Switch(config)#interface VLAN ID
Switch(config-if)#ip address IPアドレス サブネットマスク
Switch(config-if)#no shutdown
 

・ゲートウェイの設定

デフォルトゲートウェイの設定を行います。ゲートウェイの設定はグローバル設定モードで行います。ルータと設定コマンドが異なるので注意してください。
 
Switch(config)#ip default-gateway IPアドレス
 

・Telnet接続設定

Telnet接続では、次の設定を行います。
 
Switch(config)#line vty 0 15
Switch(config-line)#password パスワード
Switch(config-line)#login
 
次の設定例は、IPアドレスとして192.168.1.100/24、デフォルトゲートウェイとして192.168.1.1を指定したものです。
 
Telnet接続設定の例
 
以上のことから、この例題の解答はa、d、fになります。IPアドレスはVLAN1(SVI)に設定するためaが正解、デフォルトゲートウェイの設定はグローバル設定モードで行うためdが正解、最後にTelnet接続用の設定が必要なfが正解となります。

ECCコンピュータ専門学校専任教員、シスコ認定アカデミーインストラクタ。 2001年よりシスコネットワーキングアカデミーの授業を担当。 ネットワーク以外にもLinuxやWindowsサーバなどの授業や学内のサーバの構築・運用管理を行なう。 また、Webサイトの構築のためのスクリプト言語(PHPなど)も担当。ネットワークやサーバだけでなくWebサイトの構築も行なう

連載バックナンバー

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています