PR

サーバー準備からWordPressインストールまでの流れ

2015年3月13日(金)
大月 宇美(おおつき たかみ)できるシリーズ編集部

WordPress導入の流れ

WordPressの基礎知識と、導入方法の選択肢、仮想化マシンについて理解したところで、WordPressの大まかな流れを確認しておきましょう。この記事の次以降で、VirtualBoxのインストールからCentOSのインストールまで進みます。

WordPressの導入の流れ

本書では、以下のような流れでWordPressの環境を準備していきます。

図を見てもわかるように、WordPressではいくつかのソフトウェアと連携して動くため、WordPressのインストールの前に、PHP、MySQL、Apacheのインストールや設定も必要です。この記事では、Windowsに仮想化ソフトウェアのVirtualBoxをインストールし、仮想マシンを作成してその上でCentOSのインストールまでを行います。

本書でのWordPress導入の流れ

図1:本書でのWordPress導入の流れ

CPUの仮想化支援機能を調べるには

最近のx86系のCPUであれば、ほとんど仮想化支援機能(VT-xかAMD-V)をサポートしています。確認したい場合は、マイクロソフトが提供している、Windows SysinternalsのCoreinfoというコマンドラインツールを利用すると、CPUの機能を調べることができます。Coreinfoは、以下のサイトからダウンロードできます。

Windows Sysinternals Coreinfo

http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/cc835722.aspx

下の画面は、Intel Core i7-3770 CPUのPCで実行しているため、VMXが有効(*)、SVMは無効(-)になっています。また、VirtualBoxで仮想マシンを実行すると、仮想マシンウィンドウの右下のアイコンで、CPUの仮想化支援機能を確認できます。

Coreinfoの実行画面

図2:Coreinfoの実行画面

サーバーコンピュータの準備

サーバーコンピュータの準備といっても、本書では、Windows 8.1が動作している環境に、仮想化ソフトウェアとしてVirtualBoxを利用するため、新しく物理的なPCを用意する必要はありません。VirtualBoxで作成した仮想マシンにCentOSをインストールし、CentOSにWordPressをインストールします。

ただし、仮想マシンを動作させるために、Windowsが稼働しているPCは、2コア4スレッド程度のマルチコアCPU(たとえば、Core i3シリーズ)でCPUによる仮想化支援機能(Intel VT-xあるいはAMD-V)に対応し、全体のメモリは4GB程度(仮想マシン用に1GB)、ハードディスクは、仮想マシン用に20GB程度あると快適に操作できます。おそらく、通常利用しているWindows用のPCであれば、性能的には、ほぼ問題ないと思います。

そのほか、インストールにインターネットを利用するため、インターネットに接続できる環境は必要です。

この記事のもとになった書籍
できるPRO WordPress -- Linuxユーザーのための構築&運用ガイド

大月 宇美 著/できるシリーズ編集部 著
価格:2,500円+税
発売日:2014年12月19日発売
ISBN:978-4-8443-3732-4
発行:インプレスジャパン

できるPRO WordPress -- Linuxユーザーのための構築&運用ガイド

本書では、WordPressの導入と運用について、これから始めたいと思っている方を対象に、基本から応用へ、作業や操作を少しずつ、着実に進めていけるよう解説しています。

Impress詳細ページへ

著者
大月 宇美(おおつき たかみ)

1964 年、茨城県生まれ。コンピュータ商社、出版社勤務を経て1999 年に独立。コンピュータ書籍を中心に、執筆・編集・校正などを幅広く手がける。著書に『ひと目でわかるOutlook2013』(日経BP 社)、『新標準HTML & CSS3 辞典』(インプレスジャパン)ほか。

著者
できるシリーズ編集部

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています