PR

CentOSにインストールするWordPressパッケージの入手

2015年3月25日(水)
大月 宇美(おおつき たかみ)できるシリーズ編集部

WordPressパッケージの入手

CentOSにWordPressをインストールするには、WordPressのパッケージをダウンロードし、ファイルを展開、インストール、初期設定が必要です。とはいっても、これまでのCentOSのネットワーク設定、Apache、MySQLの設定が問題なく行われていれば、WordPress自体のインストールは非常に簡単です。WordPressの最新パッケージは、WordPressの日本語サイトから入手し、Apacheのドキュメントルート(/var/www/html)に展開します。あとは必要な設定を済ませれば、WordPressを開始することができます。

WordPressのダウンロード

WordPressの日本語サイトを表示する

CentOSでWebブラウザを起動して、アドレスバーに「http://ja.wordpress.org/」を入力します。

WordPressをダウンロードする

ページをスクロールして「ダウンロード」の項目を表示します。[.tar.gz形式をダウンロード]をクリックしてファイルをダウンロードします。

WordPressのLinux用パッケージ

Linux用のWordPressのパッケージは、tarコマンドで複数のファイルがアーカイブされ、gzipで圧縮されています。拡張子を見ると、どのコマンドを使ってアーカイブされ、圧縮されたかがわかります。Windowsのzipやrarとは異なるツールですが、Unix系OSでは、昔からこのコマンドが使われることが多いので、覚えておいてください。

ファイルの展開について

ファイルの展開は、GUIのツールも用意されています。Webブラウザでファイルをダウンロードした場合には、ファイルの種類によっては、自動的にアーカイブファイルを展開するツール(デフォルトでは、書庫マネージャ)が呼び出されます。このとき、[プログラムを開く]を選べば、その後ファイルを展開するディレクトリを選び、ファイルを展開できます。

ファイルを確認する

ダウンロードしたファイルの場所を確認します。デフォルトでは、「/home//ダウンロード」にダウンロードされています。

[user@www user]$ su⏎
パスワード:
[root@www user]# cd /home/user/ダウンロード⏎
[root@www ダウンロード]# ls⏎
wordpress-4.0-ja.tar.gz
  1. 端末を起動して、rootになる
  2. ファイルがダウンロードされたディレクトリへ移動する
  3. ダウンロードされたファイルを確認する
    ファイル名は、WordPressのバージョンによって変わり、「wordpress--ja.tar.gz」の形式で付けられる

ディレクトリの移動とファイルの展開

ドキュメントルートに移動する

Apacheのドキュメントルート(CentOSの場合)に移動します。

[root@www ダウンロード]# cd /var/www/html⏎

wordpressのアーカイブファイルを展開する

ApacheのドキュメントルートにWordPressのソースを展開します。WordPressのアーカイブファイルをダウンロードしたディレクトリは、自分の環境に合わせて指定してください。

[root@www html]# tar zxvf /home/user/ダウンロード/wordpress-4.0-ja.tar.gz ⏎
著者
大月 宇美(おおつき たかみ)

1964 年、茨城県生まれ。コンピュータ商社、出版社勤務を経て1999 年に独立。コンピュータ書籍を中心に、執筆・編集・校正などを幅広く手がける。著書に『ひと目でわかるOutlook2013』(日経BP 社)、『新標準HTML & CSS3 辞典』(インプレスジャパン)ほか。

著者
できるシリーズ編集部

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

CentOSにインストールするWordPressパッケージの入手 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。