PR

「OpenStack Summit May 2015 Vancouver」レポート #1(開催前日)

2015年5月21日(木)
吉山 晃

今年も、OpenStackのクラウドソフトウェア開発者、ユーザ、管理者のための国際イベント「OpenStack Summit」の季節がやってきました。年に2回、春と秋に開催される本イベントは、今回カナダのバンクーバーで5月18日から22日まで開催されます。

OpenStack Summit 参加者の多くは毎回、各国から開催前日、前々日に現地入りします。筆者も開催前日の17日に現地入りしました。昨年の開催地アトランタまでは移動に12時間かかりましたが、今年の成田からバンクーバーまでは最新の航空便なら8時間強で到着します。日本からカナダは行きやすいですね。

いざバンクーバーに降り立つと、空港内でいきなりOpenStack Summitのポスターが出迎えてくれました! ちなみに、本日のバンクーバーの最高気温は18°C。日本では3〜4月ぐらいのとても過ごしやすい気温です。

空港内でOpenStack Summitの巨大ポスターがお出迎え!

今年の会場となるのは、2010年冬季オリンピックに合わせて2009年にオープンした、バンクーバー・コンベンションセンター西館です。

バンクーバー・コンベンションセンターの入口とロビー

会場の裏は港湾になっていて、客船が入港していました。船で到着してそのまま建物に入館できるのは、日本ではあまりお目にかかれない光景ではないでしょうか。

バンクーバー・コンベンションセンターの裏には客船が入港中

会場内では、15時から19時の間、受付では参加者の事前登録が行われていました。今日はまだ参加者もまばらな様子ですが、明日にはきっとごった返すことでしょう。

事前登録を行う受付。前日だけあって、まだ参加者はまばらだ

事前登録を済ませたら、今日のところはこれでおしまいです。なお、夜にはサミット会場から徒歩20分ほどの所にあるChinese Gardenで「Ubuntu OpenStack Social Event」が開催されました。

「Ubuntu OpenStack Social Event」の様子。Chinese Gardenだけあって会場は中国風の佇まい

さて、明日からいよいよOpenStack Summit May 2015 Vancouverが始まります!OpenStack は OSS クラウド基盤の台風の目として注目されている技術ですが、Linux カーネルや Debian GNU/Linux の開発と同様、コミュニティベースの議論やユーザ発のソフトウェアから開発の方向性が決まるため、メーリングリストやイベントでの開発者・運用者の議論から目が離せません。

その意味でも、OpenStack Summit は OpenStack の「今」と「これから」の最新情報を入手できる貴重な機会です。今回のレポートでは、皆さんにいち早くOpenStack の様々な最新動向をお伝えしていく予定です。お楽しみに!

NEC OSS推進センター
NEC OSS推進センター所属。OpenStackには初期から関わり、技術検証などに従事。日本OpenStackユーザー会で勉強会を企画するなど、コミュニティ活動にも積極的に関与。その功績から2013年にOpenStack Foundationが認定するOpenStack Ambassadorとしてグローバルに活動中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています