PR

「OpenStack Summit May 2015 Vancouver」レポート #3(2日目)

2015年5月22日(金)
吉山 晃元木 顕弘

5月18日からカナダのバンクーバーで開催されているOpenStackのクラウドソフトウェア開発者、ユーザ、管理者のための国際イベント「OpenStack Summit May 2015 Vancouver」は、2日目を迎えました。

キーノートセッション

2日目のキーノートセッションでは、OpenStack Foundation COOのMark Collier氏が登壇。Collier氏からは、最初のトピックとして2016年のOpenStack Summit開催地が発表されました。春はアメリカ・オースティン(記念すべき第1回のOpenStack Summitが開催された場所です!)、秋はスペイン・バルセロナです。発表の瞬間は、会場が拍手と歓声で大いに盛り上がりました。なお、既報したように今年10月のOpenStack Summitは東京で開催されます。

2016年秋のOpenStack Summit開催地はスペイン・バルセロナ。その瞬間、会場は大きな拍手と歓声に包まれた

続いて、Technology Adoption(技術の採択)とMaturity(成熟度)という2つの軸を用いて、技術が時間とともにどのように変化していくかを示しました。OpenStackによるIaaS環境の中核技術「Nova」は「2010年にExperimental(実験的)からスタートし、現在は他の仮想化技術と同様にMature(成熟化)してきている」と述べ、次のExperimentalとして、コンテナ技術を活用した3つのプロジェクト「Magnum」(コンテナサービス)、「Murano」(アプリケーションカタログサービス)、「Kolla」(コンテナ利用のOpenStackインストーラ)を挙げました。

MagnumはDockerやKubernetesといったコンテナ技術をOpenStack APIを通じてサービスとして提供するためのプロジェクトです。MagnumのPTL(Project Team Lead=開発リーダー)も登壇し、Magnumを用いたコンテナVMの作成デモを行いました。また、Magnumを使うメリットについて、「Heatと組み合わせたコンテナ+アプリケーションのデプロイである」と指摘しました。

Magnumプロジェクトの紹介。右がMark Collier氏、左はMagnumのPTLであるAdrian Otto氏

Muranoはアプリケーションカタログサービス、即ち一種のPaaS/SaaS基盤であり、OpenStack Dashboard(Horizon)に統合されたGUIが特徴的です。Muranoのコア開発者も登壇し、ネット上からダウンロードしたレシピ(HeatのStack)登録、実行前のレシピ設定、アプリケーション環境構築のデモを行いました。コンテナ技術とPaaSは聴衆の注目度も高く、今後の OpenStack開発の中でも注力されることが予想されます。

また、eBay+PayPal、Pantheon、NASAが登壇し、それぞれ自社の事例を紹介するとともにOpenStackユーザとして開発コミュニティに謝意を示しました。PantheonはDrupalやWordpressといったPHP アプリケーションホスティングを行っている会社で、「すでにRackSpaceのベアメタルクラウド上でコンテナを利用している」と紹介していました。

キーノートの最後には、OpenStack Superuser Awardの発表が行われました。最終候補(Comcast、eBay、中国国立スーパーコンピュータセンター(天川2号)、Walmart eCommerce)の中からComcastが受賞しました。

Breakout Session紹介:Deploying OpenStack with Ansible

キーノートセッションの後に行われたBreakout Sessionの中から、興味深いものをピックアップして紹介します。今回は、運用に関するセッションです。

RackspaceとAURO(カナダ唯一のパブリッククラウド)の担当者が、新しいOpenStackのインストーラ「OpenStack Ansible Deployment(OSAD)」を紹介しました。OSADはRackspaceが開発したOpenStack基盤構築用のAnsible Playbookをコミュニティ開発化したもので、OpenStack Kiloリリースから正式対応しています。

興味深い点として、OSADはLXCの利用が前提となっており、OpenStackの各種サービスやデータベース、メッセージキューのクラスタが別々のコンテナ上にインストールされます。開発・評価環境では1台の物理マシン上でテストし、本番環境ではサービス群を複数(多数)の物理マシンに分散配置できるなど、システム構成が柔軟になります。

また、ここで使用されるOpenStackはRed HatやUbuntuが提供するOpenStackパッケージではなく、コミュティ版のOpenStackを独自にパッケージ化したものです。これにより最新のOpenStackリリースにいち早く対応し、更にその後のバグフィックスや独自パッチ適用も容易となります。

OSADの実行。設定ファイルの調整が済んでいれば、コマンド1つでOpenStack環境が構築できる

Design Summitの開催

2日目からは「Design Summit」が開催されました。今回からは、次のリリースの開発内容を議論する「Design Summit」と、Operators(運用者)の観点からOpenStackの改善点を話し合う「Ops Meetup」を同時に行い、開発者と運用者が交流しやすくするという試みです。

Design Summit開催初日は、複数のプロジェクトにまたがる課題を議論する「Cross Project」セッションと、「運用者(Ops)Meetup」セッションが行われました。

セッションの開催風景。多くの意見が飛び交い、白熱した議論が展開された

Design Summitの様子は、改めてレポートしたいと思います。3日目のレポートもお楽しみに!

NEC OSS推進センター
NEC OSS推進センター所属。OpenStackには初期から関わり、技術検証などに従事。日本OpenStackユーザー会で勉強会を企画するなど、コミュニティ活動にも積極的に関与。その功績から2013年にOpenStack Foundationが認定するOpenStack Ambassadorとしてグローバルに活動中。
NEC OSS推進センター

NEC OSS推進センター所属。OpenStack「Neutron」「Horizon」のコアデベロッパーとしてOpenStack開発に携わるとともに、クラウド案件の支援を行っている。ルーター、広域イーサーネット装置から迷惑メールアプライアンスに至るまで、さまざまな研究開発経験を持つ、FPGAからクラウドまで分かるエンジニア。プライベートではサイクリングを楽しみつつ、OpenStack/Linuxなどの翻訳を行っている。おいしいビールはコーディングのよき相棒。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています