PR

NetAppが考える“クラウド”とは何か

2009年9月7日(月)
阿部 恵史(あべ よしふみ)

「クラウド」の定義について

 米国では2009年8月25日(日本時間8月26日)、日本では2009年9月1日に、NetApp(ネットアップ)として初めて正式にクラウド戦略について発表を行いました。そこで今回から3回にわたって、NetAppの考えるクラウドコンピューティング戦略と、クラウドコンピューティング環境実現のためのテクノロジーについて解説します。

 今回は技術的な話が少なくなりますが、NetAppがクラウドコンピューティングにおいて必要と考えている技術的要素と、それを具現化して提供できるようにした「製品」について理解していただくために、最初にNetAppの考える「クラウド」という言葉の定義と戦略について明確にしておきたいと思います。

 おそらく多くの方が感じているように、「クラウド」という言葉は非常に多くの技術的・ビジネス的要素を含んだ巨大なアンブレラタームとなっており、各者(社)各様の定義が生まれている状況です。

 そのため、本記事を書き進めるにあたり、NetAppは「クラウド」をこのように定義した前提で論理展開している、ということを明確にしておきたいと思います。

クラウド技術を4つのカテゴリーに分ける

 NetAppは「クラウド」を“IT as a Service”(以降ITaaS)と、「クラウドコンピューティング」をITaaSを実現するためのビジネスモデルと定義しています。そして、クラウドを次の4つのカテゴリーに分類しています(図1参照)。

■プライベート・インターナル
 社内向けのクラウドで、企業内データセンターの各種リソース(インフラだけでなくアプリケーションも含めて)を企業内ユーザー、あるいは関連会社に対してサービスとして提供するものです。当社のテクノロジーを活用してクラウド環境を実現した事例としては、BMW、シーメンスなどがあります。

■プライベート・エクスターナル
 Salesforce.comやOracle On Demandなど、企業におけるビジネス業務のIT化を、社外のクラウドサービスを活用して実現するものです。

■パブリック(Traditional IT)
パブリック・クラウドは企業だけでなく個人消費者に対するサービスを含んだもので、Gmail、Google Appsなどがあります。

■パブリック(Non-IT)
パブリック(IT)と同じく企業だけでなく個人消費者に対するサービスを含んだもので、FaceBookやYouTube、iTunesなど、主に個人消費者向けに提供される大規模なサービスを示しています。

著者
阿部 恵史(あべ よしふみ)
ネットアップ株式会社
マーケティング部 部長 製造系企業の情報システム販社、外資系ITベンダーなどを経て2007年8月より現職。その間、企業の基幹系システムの設計・開発・導入、インターネットTV開発、UNIX系ハイエンドサーバー、クラスタシステムの導入コンサルティングなどを経験し、2002年よりマーケティング職に転身。現在もデータセンターインフラの仮想化・自動化およびグリッドソリューションを担当。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています