PR

マイクロソフト、HoloLensの予約を12/2より開始! 価格は33万3,800円から

2016年12月5日(月)
Mogura VR

VR元年と言われる2016年もいよいよ12月となりました! 2016年はみなさんにとってどんな年になったでしょうか? VRウォッチはさまざまな広がりを見せるVR市場をお伝えしてきましたが、今年は最後の最後まで目が離せません。

ハウステンボスが来春よりVR/ARコンテンツを約30種類に!

ハウステンボスは、新テーマパーク「夢と冒険の王国」の開設に向けて、VRやARコンテンツを常設する計画を発表しました。VR/ARを同パークのコアコンテンツと位置づけるとともに、来春より約30種類のコンテンツを体験できる環境を整備するとのこと。家庭用のVRデバイスの普及が鈍い中で、このように外出して楽しめるロケーション型のVR体験が日本全国で増えてきています。

ハウステンボスは、2014年にVRゲームの常設アトラクションを開設して以来、乗馬VRアトラクション「ハシラス」などを展示。2015年にはAR技術を活用し、プレイヤーが腕から炎を放ちモンスターを倒すアトラクション「サモナーバトル」を導入。そして2016年、VRとお化け屋敷を融合させた恐怖体験ができる常設ホラーアトラクション「VRホラーハウス~少女の記憶~」などを展開しています。2017年においても既存施設を改修し、VR/AR技術を活用した恋愛アトラクションやSFアトラクション、世界のAR/VR技術を集める施設などを開設予定です。2017年の新規アトラクション計画については、詳細が決まり次第発表されます。こういったVR/AR体験施設に最も早く取り組んでいるハウステンボスですが、30種類というアトラクションの点数は、他の施設と比べてもかなり多いものとなります。どのような体験が登場するのか注目したいところです。

本ニュースの詳細はこちら:
ハウステンボス、来春より約30種類のVR・AR体験を導入
http://www.moguravr.com/huistenbosch-vr-ar/

マイクロソフト、HoloLensの予約を12/2より開始! 価格は33万3,800円から

マイクロソフトは、同社が開発中のホログラフィック・コンピューターHoloLensの日本国内における予約を、12月2日より日本のオンラインのMicrosoft Storeにて開始することを発表しました。出荷時期は2017年初頭となっています。価格は開発者向けのDevelopment Editionが33万3,800円、法人向けのMicrosoft HoloLens Commercial Suiteが55万5,800 円、画面操作用のClickerが8,800 円です(いずれも税抜)。

HoloLensは、マイクロソフトが開発中のホログラフィック・コンピューターです。現実の空間構造を認識し、バーチャルなオブジェクトや作業環境を現実空間に重ね合わせるMR(Mixed Reality、複合現実)デバイスです。特にビジネス分野での活用に期待が集まっています。日本では日本航空(JAL)が、整備士訓練生、副操縦士を目指す運航乗務員訓練生に向けた補助的なトレーニングツールにHoloLensを用いたプロトタイプを開発しています。HoloLensはすでにアメリカを始め、開発者版の出荷が2016年3月より始まっており、いよいよ日本でも正式に販売されることになります。

本ニュースの詳細はこちら:
マイクロソフト、HoloLensの予約を12/2より開始 価格は333,800円から
http://www.moguravr.com/hololens-reserve/

Ubisoftが全VRゲームをOculus Rift、HTC Vive、PSVRのクロスプラットフォーム対応へ

Ubisoftは、未来のパリの空を鷲になって飛び回るVRフライトゲーム「Eagle Flight」に関して、Oculus RiftとHTC Vive、PlayStation VR(PSVR)の各VRヘッドセット間でのクロスプラットフォーム対応を行うことを、同社ブログにて明らかにしました。また同社は 「Star Trek: Bridge Crew」「Werewolves Within」など、今後リリースする他のVRコンテンツについてもクロスプラットフォームのゲームプレイに対応するとしています。

現在、ユーザーが少なくプラットフォームが分散するVR市場では、各プラットフォームにソフトをリリースし、さらにクロスプラットフォームでのマルチプレイに対応する流れが出てきています。これまでにもVRシューティングゲーム「EVE:Valkyrie」が同様にクロスプラットフォーム対応を行っています。

本ニュースの詳細はこちら:
Ubisoft、全VRゲームをクロスプラットフォームに対応
http://www.moguravr.com/ubisoft-cross-platform/

PSVR「Rez Infinite」がThe Game AwardsでベストVR賞を受賞!

日本時間12月2日、ゲーム業界のアワードであるThe Game Awardsが開催されました。The Game Awardsは、毎年12月に開催されており、ゲーム業界では権威あるアワードとして知られています。今年からはVRゲームを表彰するベストVR賞が設置され、水口哲也氏が率いるエンハンスゲームズのPSVR向けゲーム「Rez Infinite」が受賞しました。

ノミネートされていた作品は以下の5つの作品です。

  • Batman: Arkham VR(PSVR)
  • Eve Valkyrie(Oculus Rift、HTC Vive、PSVR)
  • Job Simulator(Oculus Rift、HTC Vive、PSVR)
  • Rez Infinite(PSVR)
  • Thumper(PSVR)
「Rez Infinite」は、10月13日にPSVRのローンチタイトルとして配信を開始したリズム・シューティングゲーム。国内外で高い評価を得てきました。Mogura VRでもレビューをしていますが、VRでの体験を前提としたステージである「Area X」はこれまでにない感覚を体験することのできる超現実的なVR体験です。

本ニュースの詳細はこちら:
PSVR『Rez Infinite』がThe Game AwardsでベストVR賞を受賞
http://www.moguravr.com/rez-infinite-the-game-awards/

12月6日発売Oculus Touchのローンチタイトル53作品が明らかに!

Oculusは、12月6日にOculus Rift向けハンドコントローラーOculus Touch(オキュラス・タッチ)を発売します。11月30日、同社はOculus Touchの発売と同時に配信されるタイトル(ローンチタイトル)を発表しました。当初30以上と言われていた総数は、53タイトルと2倍近くになりました。ゲームだけでなく、作品を作ることのできるアプリなどもあります。

HTC Vive向けにリリースされているタイトルの移植版もありますが、新規タイトルも多く見られます。日本からはよむネコの「エニグマスフィア」など6タイトルが配信予定です。Oculusは、2017年にはさらにエピックゲームズ社のFPS「Robo Recall」や4Aゲームズの「Arktika1」など大作のリリースが控えていることも明らかにしています。

本ニュースの詳細はこちら:
Oculus Touchローンチタイトル53作品が明らかに
http://www.moguravr.com/oculus-touch-launch-53-contents/

※本ニュース記事は「Mogura VR」から提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース

SteamVR新型ベースステーション、10m四方までプレイ可能に

2017/10/16
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース

2017年第2四半期のAR/VRヘッドセット出荷台数は?

2017/10/2
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース

LGが画質を向上するディスプレイ技術の特許を取得

2017/9/25
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています