PR
連載 [第68回] :
  週刊VRウォッチ

普及と利活用が進んだ2017年のVRを振り返る

2018年1月8日(月)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

新年あけましておめでとうございます。本年も週刊VRウォッチをよろしくお願いします。2018年最初の週刊VRウォッチは、昨年2017年のVR/AR/MRに関連するトピックを振り返っていきたいと思います。

価格改定により、VRヘッドセットがより身近に

2016年にOculus Rift、HTC Vive、PlayStation VRといったハイエンドVRヘッドセットが登場し、「VR元年」と呼ばれる年となりました。その後、2017年末時点ではOculus RiftとHTC Viveは各々100万台近くが出荷されたと推定され、PlayStation VRも2017年12月に全世界で200万台が出荷されたと発表されています。

2017年中に各ヘッドセットの値下げやセールが何度も実施されたことが、この伸びを後押ししたと言えるでしょう。現在では、Oculus Riftが5万円、HTC Viveは8万4,110円、PlayStation VRは4万4,980円(PlayStation Camera同梱版)と、以前より購入しやすくなりました(価格はいずれも税込み)。

関連記事:
PSVR、世界累計実売200万台突破 ソフトはのべ1,220万本販売
http://www.moguravr.com/psvr-2million/
PSVR値下げ PlayStation Camera同梱版が44,980円に
http://www.moguravr.com/psvr-4/
Oculus Rift、定価5万円へ値下げ 商用利用可なビジネス版も登場
http://www.moguravr.com/oculus-connect-4-4/
HTC Viveが価格改定 2万円超値下げで税込84,110円に
http://www.moguravr.com/htc-vive-4/

新たに登場したVRヘッドセットたち

2017年には新しいVRヘッドセットが登場しました。Microsoftが展開するWindows Mixed Reality対応のPC向けヘッドセットです。2016年ごろから開発中であることが発表されていましたが、製品版は2017年秋から年末にかけて発売となりました。センサーなどの外部装置なしでポジショントラッキング等を実現しており、セットアップの容易さや比較的低スペックなPCでも対応できることから、VR普及の一助となることが期待されています。

そのほか、2017年中に出荷とはいきませんでしたが、中国メーカーPimaxによる、8K/広視野角のハイエンド向けVRヘッドセット「Pimax 8K」も記憶に新しいのではないでしょうか。「Pimax 8K」は2017年9月~11月に行われたクラウドファンディングにて、4,236,618ドル(約4.8億円)を調達しています。これにより、「Pimax 8K」の調達額はOculus Riftが2012年に集めた240万ドル(約2億7,000万円)を超え、クラウドファンディングで最も資金を調達したVRヘッドセットとなりました。

関連記事:
マイクロソフト「Windows MR(MRヘッドセット)」徹底解説
http://www.moguravr.com/microsoft-mr-headset/
8K広視野角VRデバイスのPimax、1500万ドル調達完了
http://www.moguravr.com/pimax-8k-7/

進化する360度カメラ

ハードウェアの面では、VRと関わりの深い360度カメラも取り上げるべきでしょう。中国のInsta360は、8K解像度で3D撮影が可能なプロ用の「Insta360 Pro」や、360度動画から通常の動画を作る機能などを搭載した「Insta360 ONE」を発売するなど、プロ向け・コンシューマ向けともに360度カメラの技術進歩が大きく進みました。

関連記事:
Insta360 Pro、ファームウェアアップデートで12K撮影可能など大幅な性能アップを実現
http://www.moguravr.com/insta360-pro-3/

ARKit、ARCore……モバイルARの台頭

AR分野でも大きな話題がありました。通常のスマートフォンのカメラを使って、簡易的にARを現実に馴染ませるプラットフォームの登場です。

アップルはiOS 11に「ARKit」と呼ばれる機能を、グーグルはAndroid向けに「AR Core」を展開しました。これにより、2018年はより簡易的なARを用いた分野の発展が予想されます。

関連記事:
iPhoneの新AR機能「ARKit」とは?すぐに試せるアプリも紹介
http://www.moguravr.com/iphone-arkit/
スマホAR時代の幕開けか グーグルも今冬にAndroidにARを展開
http://www.moguravr.com/arcore-announcement/

1億円売り上げたVRソフト、人気IPを駆使したVRソフトなど、ソフトウェアも話題に

2017年、VRはソフトウェアの方面でも大きな話題を集めました。「Job Simulator」や「Raw Data」といったタイトルは1億円以上の売り上げを達成しているほか、「Fallout 4 VR」など、世界的に有名なゲームに関連したVRゲームも登場しました。また国内でも「Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト」や「傷物語VR」など、人気のIPを用いたVRデモが配信され、ソフトウェアの充実を感じさせるような年となりました。

関連記事:
【PSVRレビュー】『FGO VR』 VRでマシュに会える!隠しキャラも!?
http://www.moguravr.com/fgo-vr-review/

ロケーションベースVR分野の盛り上がり

ここまで紹介した内容は、主にハードウェアやVR向けソフトウェアなど、「VRを楽しめるハードウェアを持っている人」を対象とした内容でした。しかし、そのようなハードウェアを持っていない人でもVRを楽しむことができるコンテンツも、大きな盛り上がりを見せました。それがロケーションベースVRです。

ロケーションベースVRとは、施設で体験するタイプのVRコンテンツのことを指します。バンダイナムコエンターテインメント、アドアーズ、セガ、タイトー、カプコンなどのアーケードゲーム事業者が、相次いで運営店舗でのVR体験の導入を進めました。

また、ハウステンボスやユニバーサル・スタジオ・ジャパン、としまえんなどのテーマパークも、アトラクションとしてVRを活用。より身近なものとしては、ネットカフェでのVR体験サービスも普及が進みました。

関連記事:
VR体験施設『VR ZONE』12月より全国19店舗オープン
http://www.moguravr.com/vr-zone-portal-2/

業務分野での導入も活発に

2017年は、VRやAR、MRの業務への導入事例が増えた年となりました。KDDIがJR西日本にサービス提供を行った紀勢本線用の南海トラフ地震対処シミュレーションなどの防災用途、不動産の物件をVRで内見することができるナーブの「VR内見」といった不動産用途など、その活用範囲は多岐にわたります。

関連記事:
南海トラフ地震をVR体験 KDDIがサービス提供開始、JR西日本が利用へ
http://www.moguravr.com/kisei-line-nankai-trough-earthquake-experience/

コンテンツや活用の充実が見られた2017年

冒頭にも記した通り、2016年はOculus Rift、HTC Vive、PlayStation VRなど、多数のVRヘッドセットが大々的に登場し話題を集めました。一方で2017年はVRヘッドセットに関しての大きな話題はやや少なめで、全体的に「あまりパッとしない年だった」という印象があるかもしれません。

しかし、2017年はVRヘッドセットの普及、人気IPを用いたVRコンテンツの登場、気軽に遊べるロケーションベースVRの広まりなど「よりVRを体験しやすくなった年」となったように思われます。また業務における利用事例なども複数登場し、様々な場所でVRを体験できる、あるいは活用する場面が増えてきた年だったと言えるでしょう。これらを踏まえた2018年がどのような年になるのか、週刊VRウォッチで引き続きチェックしていきたいと思います。

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第109回

デバイス不要の完全没入型VRシステムが登場

2018/11/12
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/AR
第108回

VR機器の規格統一進む HTCが「VirtualLink」に参画

2018/11/5
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第107回

8K解像度のVRヘッドセット「Pimax 8K」予約開始、HMD単体で約10万円

2018/10/29
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています