PR

クロスプラットホームの仮想化

2008年9月22日(月)
丸山 真一

QuickTransitでクロスプラットホーム仮想化

 現在、Intel、SPARC、POWER、MIPSなど、さまざまなアーキテクチャのCPUが存在し、それぞれのCPUの上で多種多様なOSが動いている。こうしたCPUなどのハードウエアやOSのアーキテクチャの技術革新は速く、ハードウエアもOSも5年~10年程度で陳腐化してしまう。

 しかし、日々の業務は10年以上変わらないことも多く、ハードウエアやOSが陳腐化してもシステム自体は十分通用する場合が多い。ここで問題となるのが、OSやハードウエアがサポート終了になったために、アプリケーションが使えなくなるという点だ。

 ユーザーとしては業務で必要なアプリケーションが使いたいだけなのだが、その下層にあるOSやハードウエアに足を引っ張られ、アプリケーションも事実上、「サポート対象外」となってしまう。このような問題を解決する方法として考えだされたのが、「クロスプラットホーム仮想化」であり、それを実現しているのが、「QuickTransit」である。

QuickTransitとは

 QuickTransitは、米Transitive社によって開発・販売されている製品で、根幹となる技術は英マンチェスター大学で開発されたものだ。ちなみに現在も開発拠点は英マンチェスターにあり、開発メンバーにはマンチェスター大学の情報系学部の卒業生が多く占めている。

 このTransitive社だが、初耳の方も多いだろう。その主な理由としてはTransitive社がOEMとして製品を出荷しているためだ。IntelベースのMac OS X上で、PowerPCベースのアプリケーションが動作できることをご存じの方も多いだろう。これは「Rosetta」というテクノロジーなのだが、この「Rosetta」もQuickTransitのOEM製品である。

 そのほかにも、IntelベースのLinuxアプリケーションをIBMのPower5や、Power6プロセッサベースのシステムで動作させる「PowerVM」もQuickTransitのOEMである。OEMの製品が多い中、パッケージとしてリリースされた製品が以下の3つだ。

・QuickTransit for Solaris/SPARC to Solaris/x86-64
・QuickTransit for Solaris/SPARC to Linux/x86-64
・QuickTransit for Solaris/SPARC-to-Linux/Itanium

 どの製品も、Solaris/SPARCプラットホームのアプリケーションをターゲットとしており、そのアプリケーションをSolaris/x86-64、Linux/x86-64、Linux/Itaniumのプラットホーム上で動作させるための製品である。

 QuickTransitが異なるアーキテクチャのバイナリを動かす流れは、非常にシンプルだ。図1にこの処理の流れをまとめているが、大まかな流れは以下のようになる。

1.異なるアーキテクチャのバイナリが実行され、 QuickTransitが起動
2.異なるアーキテクチャのバイナリを、QuickTransitがネーティブコードに変換
3.変換されたコードをCPUが処理
4.システムコールについては、OSが異なるため、QuickTransitが適切に変換

 上記のように、QuickTransitはハードウエアの仮想化は行っていない。しかし、UNIXやLinuxなどの近代的なOSでは、アプリケーションが直接ハードウエアを操作することが少なく、多くの場合システムコールを経由している。そのため、システムコールを変換することで、ほとんどのアプリケーションを実行することが可能となる。また、ハードウエアを仮想化していないため、オーバーヘッドが少なく、QuickTransitが高速で動作する要因の1つともなっている。

 次は、より細かくQuickTransitのトランスレーション技法を見ていこう。

株式会社ネットワールド
プラットホームソリューショングループ所属。QuickTransit for Solaris/SPARC がβのころから評価・検証に携わる。現在はQuickTransitのプレセールスから、アフターサポートまで行い、QuickTransitを普及させるべく奮闘中。http://www.networld.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています